ゼン&アク

《究極神アク》《超絶神ゼン》G・リンク形態、およびそれらの通称。

転成版はこちら→《世紀末ゼンアク》
また、これらを切札に据えたデッキはこちら→【ゼン&アク】

究極神アク SR 水/闇文明 (7)
クリーチャー:ゴッド 9000+
W・ブレイカー
自分のゴッドが破壊される時、そのゴッドを墓地に置くかわりに自分の手札に戻してもよい。
G・リンク《超絶神ゼン》の左横
このクリーチャーがリンクしていて攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊してもよい。

超絶神ゼン VR 光/自然文明 (7)
クリーチャー:ゴッド 8000+
ブロッカー
W・ブレイカー
G・リンク《究極神アク》の右横
このクリーチャーは、リンクしている時「Q・ブレイカー」を得、自分のターンの終わりにアンタップされる。

この2体がG・リンクすると、以下のようになる。

超絶神ゼン/究極神アク 水/闇/光/自然文明 (7+7)
クリーチャー:ゴッド 17000
ブロッカー
Q・ブレイカー
自分のゴッドが破壊される時、そのゴッドを墓地に置くかわりに自分の手札に戻してもよい。
このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊してもよい。
自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする。

リンクすれば強力なゴッドであるのは言うまでもないが、特筆すべき性質はその圧倒的制圧力である。17000という高いパワーに加えて除去耐性とブロッカーを持ち、アタックトリガーでの確定除去で盤面を奪いつつターンの終わりにはアンタップされる。クリーチャー攻撃した場合、バトルアタックトリガーブロッカーで実に3体分のクリーチャー攻撃を受け止めてしまう。
モヤシ効果で破壊では自力で立て直してしまう。確定除去を放つのもあって、レイトゲームには極めて強い。

半面で、実はワンショットといったフィニッシュ力には劣る。1度攻撃する事だけを想定するなら、確定除去1発とQ・ブレイカーだけであり、14マナ分とカードとしては魅力に欠けるのがわかる。
運用する時は、このゴッドのフィニッシュ力は1度のあれこれではなく、それより前の粘り強い攻防や、G・リンク時の盤面のまくり返しにあることを忘れないでおきたい。

総じて、レイトゲームに極めて強い、優秀なゴッドのフィニッシャーである。

  • リンク後の略称に関しては普通に左から読むと「アクゼン」だが、語呂の関係で「ゼンアク」と呼ぶ事が多い。コロコロや公式などではリンク後の呼称は「ゼンアク」で統一されている。

参考