ソニック・コマンド

DMR-17で登場した文明種族。後ににも登場。

轟速 ザ・レッド C 火文明 (4)
クリーチャー:ソニック・コマンド/侵略者 4000
スピードアタッカー

轟く侵略 レッドゾーン LC 火文明 (6)
進化クリーチャー:ソニック・コマンド/侵略者 12000
進化−自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
侵略−火のコマンド
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、一番パワーが大きい相手のクリーチャーをすべて破壊する。

改速 4-W(フォーダブル) UC 水文明 (4)
クリーチャー:ソニック・コマンド/イニシャルズ 4000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃できない。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、コスト7以下のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。

革命編で登場したソニック・コマンドは全て種族侵略者を併せ持っている。
これらの命名ルールの場合は「轟速」、または「音速」。の場合は「改速」。
その後ソニック・コマンドを単体で持つクリーチャーが複数現れたことからの場合は「暴走」と思われる。多種族複合の場合もおそらく「暴走」。

  • 非進化ではバイクのような乗り物に乗った姿をしており、進化するとそのバイクのパーツを身に纏うようになる。オリジンほどではないが、全体的に文明の科学力的にはやや高度なロボットの姿をしている。
  • イニシャルズになるとバイクに乗らなくなる。ただし、既存のイニシャルズでないソニック・コマンドから派生したものやのものはバイクに乗っていたり、バイクを象った姿をしたりしている。
  • 侵略者を併せ持つものには上記のように2種類の冠詞があるが、他の侵略者と違い派閥で分かれているような描写はない。
  • 『デュエル・マスターズ 超全集 革命ファイナル』によると、ソニック・コマンドら禁断勢力はアニメ版、漫画版のバサラNo.2と同じく「世界をゼロにすること」を目的としていたという。
  • ソニック・コマンドは直訳すると「音速の奇襲隊」。誇張でもなんでもなく、展開期であった革命編では圧倒的な速度とカードパワーで環境において暴れ回った。

ソニック・コマンドに関連する能力を持つカード

ソニック・コマンドの進化

参考