ソリティア

カードゲームやボードゲームにおける1人遊びゲームの総称。
デュエル・マスターズにおいては主に2つの意味がある。

1.デッキの動きを確認するための1人回し。
2.相手に行動する機会を与えず、ずっと自分だけ行動し続ける様子

1の解説

デッキビルディングの際には、1人で試しに回してみることも多いだろう。ただし、当然ハンデスなどの妨害が入らないため、往々にして都合よく回ってしまう。

従って、ソリティアのみの結果で勝率の高さを考察するのは、机上の空論になる場合がほとんどである。デュエル・マスターズの場合は環境に食い込む1ターンキルデッキが存在しないため、特に言える。

基本的には、決まった動きをするコンボデッキでの動きを確認、練習するために行われる。一方、相手によって動きを柔軟に変えるコントロールではあまり意味のある行為とは言えない。

テストプレイには、友人と実際にゲームを行う方が良いだろう。

2の解説

単に「ソリティア」といった場合、相手を無視して自分のみが行動し続ける様子を指すことが多い。複雑なコンボの処理を延々と続けたり、エクストラターンを得て自分のターンを何度も行う場合に起きる。
即死コンボが成立した場合に多く、ソリティアが終わる頃には既にゲームに負けている為、介入する余地がないといった事も少なくはない。

主に勝敗が決した場面で行われることが多いが、対戦相手はその様子をただ眺めていることしかできないため、嫌悪の対象になることが多い。何にせよ、そうした場面では速やかに止めを刺すことが望ましいだろう。


その他

  • ちなみに、Windowsに「ソリティア」の名前でインストールされているゲームの名称は「クロンダイク」である。

参考


Last-modified: 2018-11-04 (日) 23:01:36