ソルトルーパー

DM-10から登場。主に文明種族進化クリーチャーは存在しない。
名前につく冠詞は「粛清者」。多色になると「神官」。
固有名はドイツ語圏の男性名であることが多い。

イラストは蜘蛛のようなデザインで、蜘蛛の糸のようなものが描かれている。
フレーバーテキストによると、そもそもこの「糸」は星座を模しており、ソルトルーパーは夜空にて「外敵を粛清するための星座」を描き出しているのだという、味のあるデザインルールとなっている。

粛清者アイザク R 光文明 (4)
クリーチャー:ソルトルーパー 4000
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーがブロックする時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体選んでもよい。このクリーチャーのバトルの後、選んだクリーチャーをアンタップする。

血風神官フンヌー UC 光/火文明 (3)
クリーチャー:ソルトルーパー/メルト・ウォリアー 3500
ブロッカー
スピードアタッカー
自分のシールドを相手のクリーチャーがブレイクした時、そのターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する。

守り役が多く存在するため、デッキのサポート役としての活躍が多い。

上記の《粛清者アイザク》《粛清者イングベルト》は代表的なブロッカーである。特にアイザクは、小型クリーチャーを無限にブロック出来るクリーチャーとしてよく採用される。
《血風神官フンヌー》は、【速攻】ではほぼ必須となっている。
また、《粛清者リンダホフ》《粛清者モーリッツ》を軸としたタップキルも存在する。

ただ、進化クリーチャーや、これといったフィニッシャーが存在しないために、上記のようなタップキルデッキ以外でソルトルーパーで固まったデッキは中々見かけられない。
それでも、すぐ絶滅してしまった種族としては有能なカードが多い方である。

  • 「ソルトルーパー」はソル・トルーパー(sol trooper)で太陽騎兵ということだろうか。ソルト・ルーパー(salt looper)で塩尺取虫という意味ではないと思われる。

参考