ターボ

マナを大量に増やす行為のこと。

語源は「出力強化装置」を意味する「turbo」。

デッキ名としての「ターボ」と「ビッグマナ」の関係性

デッキ名としての「ターボ」と「ビッグマナ」この2つの用語は同じ意味で使われているように思うがどのような違いがあるのだろうか、と疑問に感じたことのあるプレイヤーは多いだろう。
ここではその疑問に答えておきたい。
まず端的に言ってこの2つの用語が指すデッキ名としての意味にはほとんど違いがない。
違うのはそのニュアンスと登場順、使用時期である。

かつては、「マナを大きく伸ばし、それを利用して強力な動きを行うことをコンセプトとするデッキ」は「ターボ」という名称で呼ばれていた。
これは「マナを大量に増やす」という「行為」を指す用語ターボを、その元の意味から派生させた呼び方であった。
その後「ビッグマナ」という「マナが大量にある」「状態」を指す言葉が登場したことで、デッキ名としてはより直接的なそちらに世代交代した。
この変遷は長いデュエマの歴史の中で表現が洗練された好例だと言える。

詳しく説明すると、上のように分類してこれら2つの用語を比較した時、ターボは「手段・途中経過」、ビッグマナはその「目的・結果」だということができ、デッキタイトルとしてはー同じコンセプトを指す場合でもー手段より目的、途中経過より結果を掲げる方がふさわしい。
よって「マナを大きく伸ばし、それを利用して強力な動きを行うことをコンセプトとするデッキ」の名称としてどちらがふさわしいか、といえばやはりビッグマナの方だと言えるわけである。
実際、デッキタイプの名称として残ったのはビッグマナの方である。

ターボデッキの変遷

基本セット環境闘魂編環境では、当時4枚使えた《アストラル・リーフ》《メビウス・チャージャー》を使用して一気に3マナ加速する【ターボメビウス】が登場した。

極神編では《龍仙ロマネスク》《母なる大地》《母なる紋章》を組み合わせて爆発的なマナブーストと展開を行う【ターボロマネスク】が出現した。あまりの強さに各地の公認大会で結果を残したが、《ロマネスク》の登場から2カ月でプレミアム殿堂コンビが施行され、ボルバルマスターズのように環境を支配し続ける事態とはならなかった。

エピソード2では、《セブンス・タワー》《ガチンコ・ルーレット》を利用して10マナ超えのゼニス召喚する【ターボゼニス】が活躍。ファッティ偏重の環境となった。

参考


Last-modified: 2018-12-12 (水) 11:43:44