タップ

「タップする」とはカードが使用済みであることを示すためにカードを横向きにすること。
「タップ状態」「タップされている」とはカードが横向きであること。

基本的に、カードは次のような時にタップされる。

以下の場合はタップ状態でマナゾーンまたはバトルゾーンに出る。

タップ/アンタップの状態が存在するのはバトルゾーンのクリーチャーとマナゾーンのカードだけである。

バトルゾーンクロスギアがタップ状態になっても特に意味は無い。

「タップする」の公式の定義は「バトルゾーンマナゾーンにあるカードを横向きにすること」である。しかし公式サイトのQ&Aの《偽りの羅刹 アリバイ・トリック》についての頁で、タップイン能力によってタップされたクリーチャーバトルゾーンに出る前にすでにタップされているという解釈がされおり、その定義に矛盾が生じている。

クリーチャーをタップさせる効果は既にタップ状態のクリーチャーには何もしない。この場合、タップしたことにはならず、タップしたことを誘発条件とするトリガー能力は誘発しない。

  • タップさせる能力はのカードに多いが、もわずかながらクリーチャーをタップさせるカードがある。
  • ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社はタップという言葉に関して商標登録をしており、WotC社の許可なく、勝手に使うことはできない。これは自社の製品を守るための努力である。
    • 他社製のカードゲームでタップに代わる用語を使っているのもこのため。

参考


Last-modified: 2018-07-08 (日) 12:55:01