ダークロード

デッキとしてのダークロード→【ダークロード】

の支配種族DM-01当初から登場している。
種族名を直訳するとそのまま「闇の支配者」。
デザインは闇軍団を指揮する将軍タイプや、ヴァンパイアのような魔人貴族タイプなど。また、女性の人型の姿を持ったクリーチャーを、DM発売当初から輩出していた数少ない種族でもある。

命名のルールは、漢字の異名や称号を冠詞としてカタカナの名前がつくというもの。進化すると「死皇帝〜」、女性を磔にして取り込んでいるデザイン。多種族カードでは「恐皇」「死爵」である。

凶星王ダーク・ヒドラ SR 闇文明 (6)
クリーチャー:ダークロード 6000
自分のクリーチャーがバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーと同じ種族のクリーチャーを自分の墓地から1体選び、自分の手札に戻してもよい。
W・ブレイカー
大邪眼B(ビギニング)・ロマノフ SR 闇文明 (7)
進化クリーチャー:ダークロード/ドラゴン・ゾンビ/ナイト 12000
墓地進化GV−闇のクリーチャーを3体自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを好きな数選び墓地に置いてもよい。こうして墓地に置いたカード1枚につき、相手の手札から1枚見ないで選ぶ。相手はそれを見せてから、自身の山札の一番下に置く。
T・ブレイカー
邪眼皇ロマノフI世 SR 闇文明 (7)
クリーチャー:ダークロード/ドラゴン・ゾンビ/ナイト 8000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中から闇のカードを1枚選び、自分の墓地に置いてもよい。その後、山札をシャッフルする。
このクリーチャーが攻撃する時、自分の墓地にある闇のコストが6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。その後、その呪文を自分の山札の一番下に置く。
W・ブレイカー

支配種族らしく中量級から重量級のものが多い。

当初はデーモン・コマンドと比較した場合、コストに対する個々のパワーはそれほど高くなく、能力偏重型であった。ダークロードがデーモン・コマンドを戦いに使用しているという背景ストーリーの世界観を反映していたと言えよう。

《闘竜死爵デス・メンドーサ》《神滅恐皇グールギヌス》のような除去ができるものが多い。
また、自分の墓地にあるカードを利用する能力を持つクリーチャーや、スーサイド能力を持っているクリーチャーが多いのも特徴。闇文明の特色を体現していると言えるだろう。

進化クリーチャーの死皇帝たちはやや癖のあるシステムクリーチャー
全体的に重い種族なので進化元向きのクリーチャーが少なかったが、後年、低コスト域にも比較的扱いやすいクリーチャーが登場していった。

  • ガーゴイルを使い魔にしており、大半のガーゴイルのイラストには主であるダークロードの姿がある。
  • 設定上、少なくとも当初はデーモン・コマンドの使い主であったはずだが、漫画やアニメ、背景ストーリー、実際のゲーム上においてはあちらの方が目立ち続けていた。
    それ以前にもヒドラのような強力なクリーチャーは存在したものの、ダークロードそのもののプッシュはロマノフ一族が登場する戦国編を待つことになる。
  • の支配種族という設定上コラボカードに採用されやすい種族である。オーソドックスな人型を嵌めやすいのも要因のひとつだろう。

関連カード

ダークロードに関連する効果を持つカード

ダークロードの進化

参考