ダイヤモンド状態

何らかの理由で攻撃できないクリーチャー攻撃できるようになった状態のこと。
《ダイヤモンド・カッター》《ダイヤモンド・ソード》など、この効果を生成するものはカード名に「ダイヤモンド」とあるものが多いことから、「ダイヤモンド状態」と呼ばれるようになった。

ダイヤモンド・ソード R 光文明 (3)
呪文
このターン、自分のクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃することができない効果はすべて無効になる。(召喚酔いや、「このクリーチャーは攻撃することができない」または「このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない」などの効果が無効になる。ただし、この効果によってクリーチャーを攻撃することは可能にならない)

これらのカードは主にブロッカーが持つ「このクリーチャーは攻撃できない」「このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない」を無効化するために使われる。

また、ルールによって攻撃できない状態になる「召喚酔い」も、この効果によって解消できる場合がある。

カードによって攻撃できるようになる目標や効果が及ぶ範囲が異なるので、テキストをよく読むよう注意したい。

ルール

効果を無効にする」ものと「能力を無効にする」ものの2種類がある。前者(《ダイヤモンド・ソード》など)が「継続的効果を無効にする」のに対し、後者は(《偽りの名 オレワレオ》など)は「能力を失わせる」のに過ぎない。

  • 《憤怒の猛将ダイダロス》などの「〜しなければ攻撃できない」という能力もこの効果の対象である。ダイヤモンド状態になった場合は条件となる処理を行わなくても攻撃できるようになる。
  • 能力を失わせる」ものはテキストごとなかったことにはならない。例えば「クリーチャーは攻撃できない」能力を持つ《禁断》にこれらのタイプのダイヤモンド状態を与えても、攻撃できるのは自身の能力で制限を受けていた《禁断》のみで、他のクリーチャーが攻撃できるようにはならない。

ダイヤモンド状態にするカード

カード名攻撃可能になるクリーチャー攻撃できるようになる目標無効になる攻撃制限(※)
《ダイヤモンド・カッター》自軍全て相手プレイヤー効果、召喚酔い
《ブルータル・リベンジャー》《ブルータル・リベンジャー》自身適正な目標全て効果、召喚酔い
《ダイヤモンド・ソード》自軍全て相手プレイヤー効果、召喚酔い
《光神龍ダイヤモンド・グロリアス》自軍全て(自身除く)相手プレイヤー効果、召喚酔い
《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》自軍全て(自身除く)相手プレイヤー効果、召喚酔い
《ミラクル・ポータル》一体相手プレイヤー効果
《森の指揮官コアラ大佐》一体適正な目標全て効果、召喚酔い
《白騎士の開眼者ウッズ》自軍ブロッカー全て相手プレイヤー効果、召喚酔い
《雷電の覚醒者グレート・チャクラ》自軍ブロッカー全て適正な目標全て効果
《偽りの名 オレワレオ》自軍ブロッカー全て相手プレイヤー能力
《大行進・スパーク》自軍ガーディアン全て相手プレイヤー効果
《ヘブンズ・サンダー》自軍ブロッカー一体適正な目標全て効果
《光器の裏技ディーヴァ・ライブ》自軍全て適正な目標全て能力
《天命王 エバーラスト》自軍ブロッカー全て適正な目標全て能力
《奇石 トランキー/アイ・オブ・ザ・タイガー》自軍ブロッカー全て適正な目標全て能力

※注釈

  1. 能力は「攻撃を制限する能力を失う」、効果は「攻撃を制限する効果が無効になる」、召喚酔いは「召喚酔いにかかわらず攻撃できる」をそれぞれ意味する。
  2. 《ブルータル・リベンジャー》《森の指揮官コアラ大佐》《白騎士の開眼者ウッズ》ら3枚は、召喚酔いに特に言及されていないが召喚酔いも無効化されるという裁定が出されている。本来召喚酔いはルールであり、無効化されるには明文化される必要性がある。

その他

参考


Last-modified: 2018-08-24 (金) 17:01:58