ツインパクト()

既存のカードをそのままツインパクトカードの一面に組みこむこと。

元のカード

ホーリー・スパーク R 光文明 (6)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにある相手のクリーチャーをすべてタップする。

ツインパクト化

龍装の調べ 初不 SR 光文明 (6)
クリーチャー:ドラゴンギルド/メタリカ 7500
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時あるいは自分が名前に《スパーク》とある呪文を唱えた時、相手のクリーチャーは次の相手のターンのはじめにアンタップしない。
ホーリー・スパーク SR 光文明 (6)
呪文
S・トリガー
相手のクリーチャーをすべてタップする。

古参へのサプライズの狙いもあるようで、ツインパクト化の対象となるカードはどれも知名度が高いカードばかりである。
単体では実用性に乏しいカードも、ツインパクト化することで強力なカードへと作りかえることができるので、主に環境の移り変わりで実用性が低下しまっているものがツインパクト化の対象となりやすい。
《ボルシャック・クロス・NEX》《ボルシャック・クロス・NEX/ボルシャック英雄譚》
《ホーリー・スパーク》《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》など

なお、ツインパクト化されれば、元となったカードはお役御免かと言われれば、必ずしもそういうわけではない。ツインパクト化したことによって被るデメリットも多少なりとも存在し、元のカードを使った方がいい場合もある。その例をいくつか挙げる。

また、ツインパクト化したカードとその元となったカードは別名のカードとして扱われる。そのため、両者を同じデッキに投入して8枚態勢にしたり、墳墓避けに使ったりもできる。そのため、ツインパクト化されても《クリスタル・メモリー》《ロスト・ソウル》のような元から実践級レベルのカードは大事に取っておいても良いだろう。

  • ツインパクト化したカードは、元となったカードよりレアリティが上がることが多い。これは、レアリティはクリーチャー面と共有するようになり、かつツインパクト化すれば実用性が向上するためである。

...とは云うものの、1枚のカードに2種類分のテキストとカードイラストを無理矢理詰め込んだ都合上全体的にビジュアルが悪化している点、ツインパクト化されたクリーチャーや呪文が元のカードのイメージとかけ離れていたりする点から、古参へのサプライズの狙いとする公式の思惑(?)とは裏腹に、現状大半の既存プレイヤー、及び新規プレイヤーからの評価は芳しくない。それ以前に上記の都合上、カードを使用する際にクリーチャー側か呪文側なのか分かりづらく対戦を煩わしくさせる上、イメージも悪くなるためデッキにそればかり積んで公の場で乱用するといった行為は極力避けた方がいいだろう。

ツインパクト化されたカード

自然


また、既存カードの名前だけを変えてツインパクトにしたものもツインパクト化と呼ぶことがある。
該当するカードは《いのししとう》のみクリーチャー、それ以外は全て呪文である。

文明元のカードツインパクト化
《キャスリンガ・メーザー》《龍装者 シャイニー/エッジ・スパーク》
《マジェスティック・サンダー》《龍装者 シャイニー/エッジ・スパーク》
《ビリビリ・ツイン・サンダー》《ソプラノ裁徒/メロディアス・メロディ》
《ソル・チューブ》《青守銀 ニプローハ/ニプローハ・アロー》
《天空城の防壁》《青守銀 スクザミ/ナムアミ・ルーン》
《天空城の防壁》《龍蒼者 ゼブルエ/ローゼス・ブルーム》
《グローリー・スノー》《煌メク聖晶 弩楼/ビスティック・マース》
《スクランブル・タイフーン》《怒りの赤髭 ゴセントラス/目覚めし鋼牙のブレイン》
《ガード・グリップ》《卍 ギ・ルーギリン 卍/卍獄ブレイン》
《デス・チェイサー》《凶鬼92号 デンカ/世紀末ハンド》
《ライク・ア・ローリング・ストーム》《龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢》
《スクランブル・ブースター》《キリモミ・チュリス/キリモミ昇チュー拳》
《二刀流トレーニング》《龍爪者“SVN”ムソウ/二爪流トレーニング》
自然《いのししとう》《アカシシーマ/レッド・アグラフ》
自然《グローリー・マッスル》《ケタノッコ・タンク/ケタノビール・ランサー》

一部のカードは多色ツインパクト化し、使い勝手が大きく変わることとなった。

参考