ツインパクト()

既存のカードをそのままツインパクトカードの一面に組みこむこと。

元のカード

ホーリー・スパーク R 光文明 (6)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにある相手のクリーチャーをすべてタップする。

ツインパクト化

龍装の調べ 初不 SR 光文明 (6)
クリーチャー:ドラゴンギルド/メタリカ 7500
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時あるいは自分が名前に《スパーク》とある呪文を唱えた時、相手のクリーチャーは次の相手のターンのはじめにアンタップしない。
ホーリー・スパーク SR 光文明 (6)
呪文
S・トリガー
相手のクリーチャーをすべてタップする。

古参へのサプライズの狙いもあるようで、ツインパクト化の対象となるカードはどれも知名度が高いカードばかりである。
単体では実用性に乏しいカードも、ツインパクト化することで強力なカードへと作りかえることができるので、主に環境の移り変わりで実用性が低下しまっているものがツインパクト化の対象となりやすい。
《ボルシャック・クロス・NEX》《ボルシャック・クロス・NEX/ボルシャック英雄譚》
《ホーリー・スパーク》《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》など

なお、ツインパクト化されれば、元となったカードはお役御免かと言われれば、必ずしもそういうわけではない。ツインパクト化したことによって被るデメリットも多少なりとも存在し、元のカードを使った方がいい場合もある。その例をいくつか挙げる。

また、ツインパクト化したカードとその元となったカードは別名のカードとして扱われる。そのため、両者を同じデッキに投入して8枚態勢にしたり、墳墓避けに使ったりもできる。そのため、ツインパクト化されても《クリスタル・メモリー》《ロスト・ソウル》のような元から実践級レベルのカードは大事に取っておいても良いだろう。

  • ツインパクト化したカードは、元となったカードよりレアリティが上がることが多い。これは、レアリティはクリーチャー面と共有するようになり、かつツインパクト化すれば実用性が向上するためである。
  • ツインパクト化された面のイラストは、元となったカードのイラストと異なることがある。しかし、ツインパクト化の元となったカードは、それ以前に何回かの再録で既にイラスト違いが存在することが多いので、あまり気にならないだろう。

ツインパクト化されたカード

自然


また、既存カードの名前だけを変えてツインパクトにしたものもツインパクト化と呼ぶことがある。
該当するカードは《いのししとう》のみクリーチャー、それ以外は全て呪文である。

一部のカードは多色ツインパクト化し、使い勝手が大きく変わることとなった。

参考