デュアル・リンク

リンク対象を2体持つG・リンク能力、およびその能力を持つ《崇高神ケミカル》《無上神アンダーワールド》《至高神オービタル》《極上神プロディジー》の内2体(稀に3体)を採用、フィニッシャーに置くデッキタイプ

崇高神ケミカル R 水/闇文明 (5)
クリーチャー:ゴッド 5000+
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを2枚引いてもよい。そうした場合、手札を1枚捨てる。
G・リンク《無上神アンダーワールド》または《極上神プロディジー》の左横
このクリーチャーは、リンクしている時「W・ブレイカー」を得る。

無上神アンダーワールド R 火/自然文明 (4)
クリーチャー:ゴッド 3000+
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、ゴッドを1体、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。
G・リンク《至高神オービタル》または《崇高神ケミカル》の右横。
このクリーチャーがリンクしていてバトルに勝った時、このクリーチャーをアンタップしてもよい。

至高神オービタル R 闇/火文明 (6)
クリーチャー:ゴッド 6000+
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、相手は自分自身の手札を1枚選び、捨てる。
G・リンク《無上神アンダーワールド》または《極上神プロディジー》の左横
このクリーチャーは、リンクしている時「T・ブレイカー」を得る。

極上神プロディジー R 光/水文明 (5)
クリーチャー:ゴッド 5000+
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
ブロッカー
自分のターンの終わりに、バトルゾーンにある自分の「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべてアンタップしてもよい。
G・リンク《至高神オービタル》または《崇高神ケミカル》の右横。
このクリーチャーがリンクしていて、自分の「ブロッカー」を持つクリーチャーが破壊される時、そのクリーチャーを墓地に置くかわりに手札に戻してもよい。

ケミカル&アンダーワールド(水/闇/火/自然)

崇高神ケミカル/無上神アンダーワールド 水/闇/火/自然文明 (4+5)
クリーチャー:ゴッド 8000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーがリンクしていてバトルに勝った時、このクリーチャーをアンタップしてもよい。
W・ブレイカー

4になってしまうが、《崇高神ケミカル》の手札交換能力、《無上神アンダーワールド》のマナ回収能力があるため、比較的G・リンクしやすい組み合わせ。
性質上、ビートダウン寄りになることが多い。
《無上神アンダーワールド》のG・リンク時の能力を活用するために、《クエイク・ゲート》《崩壊と灼熱の牙》が投入されることも。

ケミカル&プロディジー(光/水/闇)

崇高神ケミカル/極上神プロディジー 光/水/闇文明 (5+5)
クリーチャー:ゴッド 10000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
ブロッカー
自分のターンの終わりに、バトルゾーンにある自分の「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべてアンタップしてもよい。
このクリーチャーがリンクしていて、自分の「ブロッカー」を持つクリーチャーが破壊される時、そのクリーチャーを墓地に置くかわりに手札に戻してもよい。
W・ブレイカー

除去耐性+ブロッカーと、非常に粘り強い組み合わせ。《極上神プロディジー》の能力を見てもわかる通り、コントロール寄りになることが多いだろう。
両方ともコストが5のため、テンポよくG・リンクしていくことは難しいが、この組み合わせもやはり《崇高神ケミカル》のお陰で安定してG・リンクができる。
また、フィニッシュ時にも防御面が崩れないのは安心。
【ヘブンズ・ゲート】の中にこの組み合わせを組み込む派生系も存在する。
またゼン&アクと色が合うので、挿してみてもいいだろう。

また、これらだけだと【白青黒】の3色で済む。対象の文明はどれもブロッカーを多く所持する文明なので、防御型のデッキの要になり得る。

アンダーワールド&オービタル(闇/火/自然)

無上神アンダーワールド/至高神オービタル 闇/火/自然文明 (4+6)
クリーチャー:ゴッド 9000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーがリンクしていてバトルに勝った時、このクリーチャーをアンタップしてもよい。
このクリーチャーが攻撃する時、相手は自分自身の手札を1枚選び、捨てる。
W・ブレイカー
T・ブレイカー

攻撃的な組み合わせで、ほぼ確実にビートダウン寄りになる。
《無上神アンダーワールド》と《至高神オービタル》の能力がシナジーし合い、それを更に活かすために《クエイク・ゲート》や《崩壊と灼熱の牙》の投入率はケミカル&アンダーワールドを上回る。特にこれらだけだと黒赤緑の3色で済む上、この3色のデッキはそれらの呪文と非常に相性が良いことが多い。そのため、攻撃の要にもなり得る。

反面、捨てる手札は相手が選ぶので、《斬隠蒼頭龍バイケン》が出てきて処理される可能性もある。そこだけは注意したい。

オービタル&プロディジー(光/水/闇/火)

至高神オービタル/極上神プロディジー 光/水/闇/火文明 (6+5)
クリーチャー:ゴッド 11000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーが攻撃する時、相手は自分自身の手札を1枚選び、捨てる。
ブロッカー
自分のターンの終わりに、バトルゾーンにある自分の「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべてアンタップしてもよい。
このクリーチャーがリンクしていて、自分の「ブロッカー」を持つクリーチャーが破壊される時、そのクリーチャーを墓地に置くかわりに手札に戻してもよい。
W・ブレイカー
T・ブレイカー

4色になる上、両方とも《崇高神ケミカル》のようなG・リンクがしやすくなる能力がないために比較的マイナーな組み合わせだが、G・リンクさえしてしまえば強力なクリーチャーとなる。
色の関係上、使うならコントロール寄りになりやすい。
G・リンク後はフィニッシャーとしてもやっていけるスペックなので、【白青黒赤系コントロール】の変化球的なフィニッシャーとしてもいいだろう。

3体を採用する場合、ほぼ確実に4色以上になる上、慎重に組まないとうまくG・リンクできなくなってしまうため、構築にはある程度の腕が必要となる。

  • これらのゴッドは、どれも現実のテクノ・エレクトロニカバンドから名前を拝借しており、明らかに意図的である。ちなみにこの4つのバンドは日本では「テクノ四天王」とも呼ばれている。後に登場したゴッド・ノヴァも実際の音楽グループから名前を取っているが、これらのカードが命名のヒントとなったのかどうかは不明。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 22:59:43