デュエル・ウォーリア

新章デュエル・マスターズから登場した用語。
略称は「DW」。奇しくも「デュエル・マスター(ズ)」を意味する「DM」と似通っている。

DMRP時点ではフレーバーテキストにその存在を示唆されている程度であったが、新章デュエル・マスターズ漫画版及びアニメ版にて一足早く詳細が判明。
その正体は「現実世界」へとやってきた「クリーチャー・ワールド」のクリーチャーである。

基本的に人間の姿になり、クリーチャーごとに己のやりたいことをしながら暮らしている。
ただし、デッキーによると「デュエル・ウォーリアをクリーチャー・ワールドに戻すのもデュエルマスターとしての使命」らしく、ジョーは今後もDWと戦う運命にあるようだ。

なおDWとのデュエマは真のデュエルとなり、本当に命の奪い合いになる。そんな死闘をまだ小学生であるジョーに強制させたデッキーから、倫理観の欠如を感じた視聴者も少なからず存在する。とは言え、ジョーの機転でクリーチャーの命を奪わずに済む方法をデッキーも知ったので、しばらくは安泰だろうか。

  • デュエル・ウォーリアの中には人間に害を齎す存在もいるが大半は人間世界で平穏に過ごしたり、根は悪くないものも多い。しかしジョーとのデュエルは生死を掛けたデュエルの上、死ななくてもクリーチャーはそれまでの思い出を絶って人間世界から立ち去なければならない。またキラとのデュエルではジョーとの性格の違いから全てのデュエル・ウォーリアが悪の存在と考え、善の存在であっても生々しく殺害されるシーンが多い。この事からこれまでのガルドやレアキラーズなど悪のデュエリストとの戦いとは違い明確な悪が存在しない、デュエマシリーズ内でもテーマが重くシビアな設定である。

登場したデュエル・ウォーリア

参考


Last-modified: 2018-09-30 (日) 06:28:20