トリガーデッキ

S・トリガーS・トリガーXを積極的に利用するデッキ

デッキの半分近くをS・トリガーを固めたものや、シールド追加で強力なS・トリガーを仕込んで防御を行うもの、シールド・プラスで厚くしたシールド暴発させてアドバンテージを稼ぐものなど、様々なものがある。

歴史は古く、DM-03《深緑の魔方陣》が登場した辺りから誕生した。

S・トリガーが多めに積まれるため、ビートダウン【速攻】に対してはかなりの耐性がある。うかつにシールドを割るとクリーチャー除去される恐れがあるため、相手に与えるプレッシャーは大きい。


トリガーデッキの変遷

S・トリガー自体はDM-01から存在するシステムで、三大S・トリガーと呼ばれた《ホーリー・スパーク》《デーモン・ハンド》《ナチュラル・トラップ》はこの弾の出身である。ただし、トリガーデッキが組まれるようになったのは《エメラル》《深緑の魔方陣》が登場したDM-03辺りからである。

DM-04S・トリガー獣が登場。DM-05では言わずと知れた《アクア・サーファー》が収録された。

殿堂入り施行以前の基本セット環境から闘魂編環境では、【リーフ青単】自然カードと強力なS・トリガータッチした【トリガーターボ】が開発される。これが最初のトリガーデッキであり、《アストラル・リーフ》系統のデッキが暴れるメタゲーム上で活躍した。

闘魂編では《超神龍バイラス・ゲイル》を主軸にした【バイラストリガー】が考案され、以降細々と使われ続ける。

聖拳編DM-10では《暴発秘宝ベンゾ》《黒神龍ブライゼナーガ》が登場。自らのシールドを手札に加え、能動的にS・トリガープレイすることができるようになった。

DM-15S・トリガーXが登場。有名なS・トリガー呪文である《ヘブンズ・ゲート》もこの時期に登場。豪快なコスト踏み倒しを行う【ヘブンズ・ゲート】を生み出した。また、アクセルS・トリガーを踏み倒す《光器マリアンナ》も登場。【光器マリアンナ】が作られるようになる。

この時期には複数のS・トリガー暴発させられる《マーシャル・クイーン》も登場するが、この時点の裁定ではS・トリガーを起動できなかったため、デッキが作成されることはなかった。

極神編では《ホーリー・スパーク》完全上位互換である《スーパー・スパーク》が登場。代替わりを迫られる。また、《エメラル》調整版である《アクア・スーパーエメラル》も同じ弾で登場した。

戦国編ではシールドを活用する能力が増え、新たなデッキタイプを生み出した。シールド・プラス及びウルトラシールド・プラスが登場し、一度に複数のトリガーを使用できるようになったことから《暴発秘宝ベンゾ》が注目され、【ベンゾビートダウン】が成立。

また、自分のシールドS・トリガー化する《星龍の記憶》にも注目が集まり、《奇跡の精霊ミルザム》および《暴発秘宝ベンゾ》と組み合わせた【暴発ミルザム】が出現する。

神化編に入ると「手札に加える」能力S・トリガーが使用可能という裁定が確定。《マーシャル・クイーン》S・トリガー暴発させられるようになり、《星龍の記憶》と組み合わせて重量級呪文を軽々と踏み倒す【星龍マーシャル】が現れた。

ゲームバランスを崩しかねない爆発力から一時メタゲームに喰い込んだが、S・トリガーに関するエラッタがなされ、弱体化を余儀なくされた。この裁定変更によって、同時に複数のシールド手札に移動する場合、全て手札に加わった後にS・トリガーを使用できるようになったのである。

覚醒編に入るとシールド回収シールド追加を同時にこなせる《神託の精霊アルメリック》が登場。新型の【天門】である【アルメリック天門】を生み出した。

エピソード1では《超次元ホワイトグリーン・ホール》をはじめとした4マナ多色超次元呪文が登場。これにより、《時空の魔陣オーフレイム》が運用しやすくなる。これを活かして《時空の戦猫シンカイヤヌス》/《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》ビートダウンを行う白青黒【トリガービート】が組まれるようになった。

エピソード3では重量級S・トリガー《無法のレイジクリスタル》《支配のオラクルジュエル》《深海の伝道師 アトランティス》が登場。また、《終末の時計 ザ・クロック》ターンを飛ばすという特異な能力から新たな定番S・トリガーとして広く使われている。

ドラゴン・サーガに入ると《音感の精霊龍 エメラルーダ》が登場。《暴発秘宝ベンゾ》に代わって【暴発ミルザム】で使用されるようになった。

参考


Last-modified: 2018-11-12 (月) 01:14:20