トリガー能力

トリガー能力とは、特定の条件を満たす度に誘発する能力である。総合ゲームルールでは「誘発型能力」と記述される。
「誘発条件(〜した時)、効果(〜する)」の書式で書かれる。

怒髪の豪腕(レイジ・アーム) C 自然文明 (2)
クリーチャー:ビーストフォーク 1000+
他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、このクリーチャーのパワーは+3000される。
飛行男 C 闇文明 (2)
クリーチャー:ヘドリアン 1000
このクリーチャーが破壊された時、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

トリガー能力が誘発条件を満たすことを「トリガーする」、トリガー能力の効果を処理することを「解決する」という。
トリガー能力にはいくつかのルールがある。これを覚えておかないと、カードを使った結果がまるで変わってしまうことがあり、注意が必要である。

トリガー能力のルール(※2015年7月15日改定)

1.トリガー能力は、他のトリガー能力や呪文の解決中には解決されない
呪文や他のトリガー能力によってトリガー能力が誘発した場合、それらが解決されるまで待機状態になり、それらが終わってから解決される。

例)《獰猛なる大地》《魔刻の斬将オルゼキア》を出し入れする場合、《獰猛なる大地》が墓地に置かれてから《オルゼキア》のトリガー能力クリーチャー破壊する。


2.トリガー能力は、全ての常在型能力の効果を適用した後に解決される。誘発条件のない常在型能力は全てのトリガー能力に優先する。

例)《怒髪の豪腕》バトルゾーンに存在する時に《希望の親衛隊ファンク》召喚すると、まず《希望の親衛隊ファンク》常在型能力の効果が処理され、《怒髪の豪腕》破壊される。
一応、《怒髪の豪腕》がいなくなっても、誘発していたトリガー能力であるパンプアップが次に解決されるが、怒髪の豪腕は既に破壊されて場にいないので不発に終わる。


3.トリガー能力が同時に誘発した場合、いったん待機状態になり一つずつ解決する
自分のトリガー能力が一度に二つ以上に誘発した場合、好きな順番でひとつずつ解決していく(実際に誘発した順番通りでなくてよい)。

例)《ヘブンズ・ゲート》《奇跡の精霊ミルザム》《音感の精霊龍 エメラルーダ》を出す場合、《ヘブンズ・ゲート》墓地に置かれてから、ウルトラシールド・プラスシールド交換暴発?)を好きな順番で解決する。


4.自分と相手のトリガー能力が同時に発生した場合、ターンを進行しているプレイヤー(>アクティブ・プレイヤー)が自身のトリガー能力を好きな順番で解決し、すべて解決し終えた後でもう一方のプレイヤーが自身のトリガー能力を解決する

例)互いの《飛行男》バトル相打ちになった場合、アクティブ・プレイヤー《飛行男》pigを先に解決する。

また、自分と相手のトリガー能力が同時に誘発した場合、自分のターンか相手のターンかで結果が異なることがある

例)《威牙忍ヤミノザンジ》を召喚して、相手の《怒髪の豪腕》(パワー1000)を破壊しようとしたとする(どちらもトリガー能力)。それが自分のターンなら《ヤミノザンジ》の「パワー−2000」の能力から解決されるので《怒髪の豪腕》は破壊される。しかし、相手のターンだと《怒髪の豪腕》のトリガー能力から解決されるので破壊できない。


5.トリガー能力解決中に別のトリガー能力が誘発した場合、同じタイミングで誘発したトリガー能力として扱われる(4.と関連)。加えて、非アクティブ・プレイヤーのトリガー能力解決中にアクティブ・プレイヤーのトリガー能力が誘発した場合、如何なる場合でも必ずアクティブ・プレイヤーのトリガー能力が優先的に解決される。(非アクティブ・プレイヤーがもつ未解決のトリガー能力は、解決が保留される)

例)バトルゾーンに相手の《百発人形マグナム》がおり、また、自分の手札マナゾーン《若頭 鬼流院 刃》がいるとする。
自分のメインステップ中に《若頭 鬼流院 刃》を召喚し、能力で2体目の《若頭 鬼流院 刃》マナゾーンからバトルゾーンに出すと、2体目の《若頭 鬼流院 刃》と相手の《百発人形マグナム》の2つのトリガー能力が誘発する。

この場合、まずアクティブ・プレイヤーから解決するため、2体目の《若頭 鬼流院 刃》cipを先に解決する。

例)バトルゾーンには自分の《真実の皇帝 アドレナリン・マックス》とその他クリーチャーが、相手の《聖霊龍王 バラディオス》が2体いるとする。《アドレナリン・マックス》はまだこのターンタップされたことがないとし、ここでその他クリーチャーで相手の最後のシールドブレイクしたとする。

このとき能力トリガーするのは2体の《バラディオス》のみである。まず1体目の《バラディオス》の能力解決されるが、その際《アドレナリン・マックス》の能力トリガーする。《アドレナリン・マックス》のコントロール・プレイヤーがアクティブであるため、《アドレナリン・マックス》のトリガー能力を解決して全ドラゴンアンタップする。その後2体目の《バラディオス》解決となるため、最終的に全軍がタップ状態になる。


6.トリガー能力に限らず、適用予定だった能力が解決される前に適用対象のカードタイプが変更されたり、攻撃できない等の適用後もゲームに影響する能力が解決された後にカードタイプが変更されるたりすると、その能力による単発的効果継続的効果はすべてリセットされる

例)《無敵剣 プロト・ギガハート》を装備した《龍覇 アイラ・フィズ》《轟く侵略 レッドゾーン》進化しているとする。このとき、《極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド》等のカード指定除去型の全体除去が適用されると、ウエポン《無敵剣 プロト・ギガハート》進化元《龍覇 アイラ・フィズ》、一番上の《轟く侵略 レッドゾーン》がそれぞれ個別に山札送りの対象となる。《轟く侵略 レッドゾーン》の移動に反応して、《無敵剣 プロト・ギガハート》置換効果が発動し、龍解する。置換されたため、《轟く侵略 レッドゾーン》除去を免れ、《最強龍 オウギンガ・ゼロ》カードタイプ変更により同じく免れる。最終的に山札送りになるのは《龍覇 アイラ・フィズ》のみである。

例)《勝利のプリンプリン》で固められた《最終龍理 Q.E.D.+》龍回避したり、《覚星龍界 剣聖ジゲン》によって裏返されたりすると、攻撃できない等はすべて無効化される。状況によっては即龍解し直して攻撃に回れる。


7.同じトリガー能力が並列している場合、S・トリガー、およびS・バックの解決が何よりも優先される呪文解決中でなければ、トリガー能力解決中であってもS・トリガー等の解決が割り込んで優先される。同じS・トリガー等であれば、こちらもアクティブ・プレイヤーに優先権が存在する。逆に非アクティブ・プレイヤーのS・トリガー等と、アクティブ・プレイヤーのそれ以外のトリガー能力が並列した場合は、見かけ上非アクティブ・プレイヤーが優先される格好になる。

例)《「黒幕」》《音感の精霊龍 エメラルーダ》等。


その他

  • かなり重要なルールのはずだが、ルールブックにもあまり記載されておらず、デュエル・マスターズ公式HPでも一部のカードのQ&A欄にちょっと載っているぐらい。
  • あまり複雑すぎることを大々的にルールブックに載せると、初心者や低年齢層が敬遠してゲームの間口が狭まるから、といった理由はあるだろうが、せめてルールブックの隅に小さい項を作って載せて欲しいところ。
  • トリガー能力は何らかのイベントによって引き起こされる。そのため、必ず誘発条件となるイベントが完了した後に効果を生成する。
    例)《邪魂創世》《予言者ファルシ》破壊した場合、《邪魂創世》を墓地に置いてから《ファルシ》のpig解決する。

その他の能力との関連

  • 「Aした時、Bであれば、Cする。」という表記のトリガー能力もある。この際、Bは効果の一部として扱われる。したがって、AしたタイミングでBの条件が満たされずとも、解決時までに条件を満たせればCすることができるようになる。(例:《邪眼皇アレクサンドルIII世》マナ武装全般、《予言者リク》etc...)
  • 一方、「DであるAした時、Cする。」という表記のトリガー能力の場合は、Dは誘発の条件として扱われる。したがって、AしたタイミングでそもそもDではなければトリガーすること自体がない。結果的にCすることもない。(例:《制御の翼 オリオティス》
  • 誘発の条件の場合、Aした時にチェックし、解決時に確認することはない。
  • 効果の一部の場合、解決時にチェックする。
  • 多くのルール用語の例に漏れず、これもMagic:The GatheringのTriggered Abilityから。ただし、MTGでは「誘発型能力」と訳されている。

トリガー能力であるものの例

トリガー能力ではないものの例


参考


Last-modified: 2018-08-10 (金) 22:30:31