ドキンダム・ガチャ

DMD-35で登場した新ギミック及びそれに必要なフィギュア
カード効果によってフィギュアに内蔵されているスロットを回し、出た目によって様々な能力が発動する。

1.墓地:自分の山札の上から3枚を墓地に置く
2.補充:カードを1枚引く
3.回収:クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻す
4.忘却:相手は自身の手札を1枚選び、捨てる
5.衰弱:相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーを-9000する
6.復活:進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す

ドギラゴン・ガチャと比較すると格闘がない分盤面に触れられる目が衰弱の1つしかない為、展開されてしまった場を解決するのが困難。
その上あちらがマナから展開するのに対して、こちらは墓地からの展開になる為墓地を肥やす下準備が必要になるという点でも負けている。

  • 運任せである点はそれを前提に作られている為棚に上げるとしても、それ以上にいずれも強制であり、融通が利かないのが難点。
    「復活」で不必要なクリーチャーリアニメイトしなければならなかったりするのは場合によっては致命傷となる。特に「墓地」を引き当てすぎて意図せずライブラリアウトで自滅しないように注意が必要である。

関連項目

参考


Last-modified: 2018-10-03 (水) 21:57:16