ネタカード

プレイヤーの間で話や笑いの種になりやすいカードのこと。

以下の特徴を持つカードはネタカードと呼ばれやすい。

ネタカードには大きく3つのパターンに分かれる。

公式ネタカードの場合

いわゆる「狙ったネタカード」のこと。
詳細はジョークカードを参照。

対戦カードゲームとして適した性能ではない場合

例えば、《メテオレイジ・リザード》《アクア・マスター》《ガウレザル・ドラゴン》などのゲームでの実用性の低さは言うまでもないが、逆にその弱さが愛され、ネタとして人気を博してしまう場合がある。

フレーバーテキストで強そうに書かれている《暗黒の騎士ザガーン》《残虐覇王デスカール》も同様で、DMX-12でわざわざ再録されるという、ネタカードとしての厚遇を受けた。

弱小バニラの代表格である《シザー・アイ》に至っては、なんと【シザー・愛】なるファンデッキまで作られるようになった。まさしく弱さが愛された代表格と言えるだろう。(こちらについては後に、派生カードの《シザー・ラヴ》も登場している。)

逆に言えば、そうでもしなければカードイラストフレーバーテキスト以外に存在価値はほぼないため、ネタカード扱いは、弱いカードに残された数少ない楽しみ方と言える。

これらに含まれるカードは大体がハズレア下位互換バニラ準バニラである。
そうではない場合は不安定・不確実・オーバーキルが原因でのロマンカードである。

ゲーム中の強さ・弱さ以外の何らかの原因でネタ扱いされてしまう場合

環境で活躍したグッドスタッフでも、何らかの要素があればネタ扱いされることもあり、いくつか例がある。

  • 《超竜バジュラ》
    《バジュラ》はパワー13000もあるにもかかわらず、パワー9000の《英霊王スターマン》に背景ストーリーでやられてしまっているため、ネタにされる。バジュラは殿堂入りを果たした知名度の高いカードだけあって、多くのプレイヤーにネタにされる。
  • 《ボルシャック・ドギラゴン》《伝説の禁断 ドキンダムX》
    背景ストーリーでは敵対関係の2体だったが、実際のデュエルでは同じデッキに入るほどかなり相性が良く、バトルゾーンで普通に共闘することもあるため、ネタにされる。背景ストーリーでは、《ボルシャック・ドギラゴン》が禁断解放した《ドキンダムX》によって封印された同士を救うために駆け付けたとされるが、実際のデュエルでは《ボルシャック・ドギラゴン》は《ドキンダムX》の禁断解放を手伝っている。そのため、背景ストーリーで《ドキンダムX》が禁断解放されたのは、《ボルシャック・ドギラゴン》が駆け付けたためではないかという推測を交えて、ネタにされる。
  • 《封魔ヴィレ・アポストロ》
    また、誤植でグランド・デビルではなく、グラン・ドデビルと書かれてしまった《封魔ヴィレ・アポストロ》もよく話題にされる。
    これについてはエラッタが出されたが、この誤植でドデビルという愛称が定着し、現在でも使用されている。

他にも実用性はあるが、ネタにされたカードは沢山ある。

プレイヤーが集まれば会話が付きものあり、その時にちょっとしたネタを提供してくれるようなカードは、ありがたい存在と言える。

公認グランプリチャンピオンシップ、店舗大会等での競技性を重視した真剣勝負以外にもデュエル・マスターズを楽しむ要素はいくらでもあるため、時にはゲームに関係ない点に注目してみるのも楽しいだろう。


その他

  • ネタカード扱いと言ってもほとんどは軽い冗談の類であり、そのカードを悪く言うものではないことが多い。ただし、過剰なネタ扱いを嫌うプレイヤーもいるので注意。
  • ジョークエキスパンションとしての要素も持つDMX-12DMX-22は、まさしくネタカードの宝庫である。
  • ネタカードのみで組まれたファンデッキも存在する。基本的に実戦を想定していないため、友人同士でのカジュアル戦に使うのが無難だろう。

参考