ノー・チョイス

ノー・チョイスとは、「手札にカードがないプレイヤーが1人でもいる限り、このクリーチャーはNC(ノー・チョイスアイコン)以下の能力を得る。」を意味する常在型能力である。

DM-37で登場したキーワード能力の一つで、B・ソウルクリーチャーのみが持つ固有能力だったが、DM-39B・ソウルを持たないクリーチャーにも出てきた。

終焉の凶兵ブラック・ガンヴィート R 闇文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド 7000+
B・ソウル
このクリーチャーが攻撃する時、各プレイヤーは自身の手札をすべて捨てる。
ノー・チョイス(手札を1枚も持っていないプレイヤーがひとりでもいれば、このクリーチャーは次のNC能力を得る)
NC−このクリーチャーのパワーは+5000される。
T・ブレイカー

文明の十八番であるハンデスで相手の手札を削るのも良いが、自分の手札が尽きてしまった場合でも効果を得ることができる。
基本的にデュエマでは手札が多い方が有利とされているが(→ハンドアドバンテージ)、この能力の登場によって「手札が無い方が有利」という新たなデッキを組むことができるかも知れない。

参考


Last-modified: 2018-07-25 (水) 00:13:02