バイオ・T

「バイオ・タックル」と読む。DM-23 「不死鳥編 第5弾 冥龍王帰還(ジ・エンド・オブ・ユニバース)」で初めて登場した能力語
バイオ・Kと同様、攻撃中にコスト0で使える呪文の様な効果を持つ。

デスハンター・ドラグーン C 闇文明 (3)
クリーチャー:ティラノ・ドレイク 1000
バイオ・T−自分のティラノ・ドレイクが攻撃して、バトルが始まった時、このカードを自分の手札から捨ててもよい。そうした場合、そのターンの終わりまで、攻撃している自分のクリーチャーは「スレイヤー」を得る。

バトルゾーンにいる自分の指定種族のクリーチャーが攻撃してバトルが始まった時、このカードを自分の手札から捨てることで、なんらかの効果をもたらす。

  • 書き方から勘違いされやすいが、効果が出るのは現に攻撃しているクリーチャー1体のみである。ただし、そのターンの終わりまで有効なので、再度攻撃できる場合や相手のS・トリガーに対しても効果はそのまま残る。
  • 複数のバイオ・Tを同時に使用することも可能である。
  • この能力を持ったクリーチャーはほとんどがバイオ・Tがなければ単なる弱いバニラであり、普通に召喚することは滅多にない。

参考


Last-modified: 2018-07-14 (土) 18:01:21