バサラ

漫画「VS」およびアニメ「VSR」に登場するキャラクター
CV:福島潤

本名は赤城山バサラ。オートレースチャンピオンの赤城山ジゴロの一人息子で、メカニックのNo.2は父が死んだ頃に出会って以来、お互いに同じ目標を持つパートナーである。

好きなものはエナジードリンク、乗り物、赤いもの。嫌いなものは遅いものと赤信号。
一時はデュエマーランドで幹部をつとめ、自分に敗北した相手をデュエマーランドの地下帝国に落とす「闇を駆ける紅蓮の彗星」として都市伝説となっていた。その後はNo.2と共にカード強盗集団レアキラーズの頭目として活動し、禁断の力で世界をゼロにする事を望んでいたが、最終的には禁断の呪いで完全に禁断と同化してしまった。
クリーチャーと一体化した際は左腕が大きく異なり、カードを触れることなく超能力を操ることが可能になっているが、代償として勝太のヴァンソーコーが使わない限りに言葉も失われている。

  • ただし、漫画「VS」では禁断爆発を発動した際にクリーチャーへと変貌し、右腕に左腕のように加え、《終焉の禁断 ドルマゲドンX》によって完全に取り込まれ翼、角に尻尾を生やした悪魔のような悍ましい姿へとなっていた。
    勝太との最終決戦に敗北し、禁断が消滅した事で命を落としかけるが…
    なお、世界をゼロにした後はあらゆる速度制限のない世界を作るつもりだったらしい。

デッキソニック・コマンドを中心に使用する。
初登場時は侵略によって高速のビートダウンを展開する【赤単レッドゾーン】だったが、後に《伝説の禁断 ドキンダムX》を手に入れ封印も使うようになった。
「VSRF」からはD2フィールドを主戦力としも使うようになる。《伝説の禁断 ドキンダムX》を失ってからは侵略ZEROによるカウンター戦術を習得し、《終焉の禁断 ドルマゲドンX》を手に入れてからは禁断爆発特化したデッキを使用した。
デュエマを始めたばかりの頃は赤単アウトレイジを使用していた。

漫画「VS」ではデュエマ甲子園本戦の対戦相手として登場。初登場で勝太に何もさせずに3ターンで勝利。デュエルの後、仲間の一人勝太デッキを爆破させた。
その後は次々と甲子園出場者を撃破しつつ、自らの計画に邪魔な革命のカードを始末する為に他の仲間に指示を出す。

  • ザキラと同じく主にシリアスシーンで登場するキャラクターだが、勝太がアニメ監督となった「VSRF」20話において勝太の書いた脚本のセリフを(恐らく)読み上げたためにクレジットされる。へのへのもへじ顔で勝太に敗北する滑稽な役であり、その際の演技は完全な棒読み。レアキラーズのアジトで共に「VSRF」20話を見ていたNo.2からは何とも言えない視線を向けられていた。
  • 漫画「VS」(正確には「でんぢゃらすじーさん邪」の扉絵)では突如乱入してきたじーさんにバズーカで吹き飛ばされてしまっている。
    ギャグ漫画とはいえ、仮にも主人公の宿敵に対して酷い仕打ちである。
    なお、ザキラも番外編でケシカスくんにひどい目に遭わされており、宿敵格のキャラクターですら他作品キャラの前にはいじられ役にされてしまうのはデュエマの伝統と化しているようだ。

History

アニメ

バイクレースチャンピオンの父、赤城山ジゴロと共に父子家庭で育ち、自らもバイク乗りになって父に挑む事を夢見ていたが、あるレースで周回遅れのバイクと接触事故を起こしたジゴロは重症を負い、病院への搬送中に死亡してしまう。周回遅れのバイクや、救急車のスピードを嘆いたバサラは、それがもとで「スピードが全て」という考えに至る。

それから間もなく、父の形見のバイクを見物していたメカニックマンのNo.2と出会い、お互いを同じ目標を持つパートナーとして共感する。
バイク商のオーナーの後ろ盾もあり、No.2はジゴロの機体をバサラ専用に改造する事に成功するが、それは機体を目当てにしたオーナーの謀略であり、父の接触事故も最初からオーナーが仕組んだものだった。オーナーとその手下を撃退した事でバサラとNo.2は暴行のお尋ね者になってしまう。
そして、逃避行の中でバサラとNo.2は世界を憎み、共に今の世界をゼロにして新しい世界を作る事を誓ったのだった。

表舞台に上がれなくなったバサラは命がけの闇のレースに出場して資金を稼いでいた。
そんな中でデュエマウスが現れ、デュエマ甲子園でのルシファーデュエマを見せられる。デュエマの中に自分の求めるスピードを見出したバサラはデュエマーランドに入り、敗北させた相手を地下帝国に落とす「闇を駆ける紅蓮の彗星」となったのだった。
バサラが勝太を下すほどの実力を得るのにかかった時間は一か月にも満たなかった。
一方で、共に行動していたNo.2はデュエマーランドには入らず、自分たちと同じ「世界をゼロにする」事を望む者を集めて、後のレアキラーズ結成の準備を行う事になった。

かねてより「デュエマ界最強」とされるルシファーへの対抗意識があった彼は、ルシファーの宣戦布告を受け動き出す。デュエマーランド社長の介入によりバサラは父のバイクを賭けて勝負するが、《時の革命 ミラダンテ》《時間龍 ロッキンスター》によるタイムストップデュエルを受け敗北。
父のバイクを社長によって爆破された後はデュエマーランドに戻り、デュエマウスが案内した地下帝国の「禁断のカード」が眠る場所で《禁断》と邂逅し、その封印を解いた。

そして《禁断》の導きにより、「禁断のレジェンドカード」が眠る南極の地で封印されていたザキラと遭遇し、「禁断のレジェンドカード」をかけて「真のデュエル」を行う。
ザキラの強さと「真のデュエル」により心身共に追いつめられるが、導かれるように引いた《禁断》によって攻撃をすべて封じる。ザキラの唱えた《オールデリート》により勝負は有耶無耶となったが、「禁断のレジェンドカード」に選ばれ、ザキラの忠告を受けてデュエマーランドに帰還した。この時には爆破されたバイクを修理している。

そして再びルシファーと対決。タイムストップデュエルに対して《超轟速 レッド・エンド》pigで対応し、禁断解放した《伝説の禁断 ドキンダムX》ルシファークリーチャーを全て封印して雪辱を果たす。
ルシファー死亡の報せを受けた勝太に勝負を挑まれるが、1ショットキル戦法で革命を使わせず、「つまらないデュエマ」と吐き捨てて返り討ちにした。

その後間もなく、月面から帰還した勝太と再戦。革命をさせず《伝説の禁断 ドキンダムX》による1ショットキルを仕掛けるが、《ボルシャック・ドギラゴン》革命0トリガーで凌がれ、勝太を好敵手と認識した。
しかし、敗北したら所有者の命と共に消滅する《伝説の禁断 ドキンダムX》の呪いが暴走し、それを危険視した社長が仕掛けた爆弾で勝負は中断。《伝説の禁断 ドキンダムX》《轟く侵略 レッドゾーン》を奪われ、バサラは重傷を負って入院し、デュエマーランドをクビになる。

その後すぐに病院から脱走し、同じくクビにされたハカセランボーゾンさんのゾンビ化から元に戻して社長への復讐を開始。
デュエ悪マ城内で《伝説の禁断 ドキンダムX》を取り戻した上で社長と対決し、あまりに危険すぎる《伝説の禁断 ドキンダムX》をバサラ諸共消そうと考える社長を、「禁断にビビった腰抜け」と断じて撃破した。

デュエマーランドが勝太によって壊滅する頃には既にNo.2と共にレアカード強奪集団「レアキラーズ」を結成し、奪ったレアカードを禁断に吸収させ続け、その力を増幅させ続けていた。
そして勝太の持つ《燃える革命 ドギラゴン》を奪うために勝太と再戦し、2枚のドギラゴンを相手にしながら《伝説の禁断 ドキンダムX》で勝利して《燃える革命 ドギラゴン》を奪う。その後はレアキラーズの面々を差し向けて自らはアジトに居座り続けるが、《燃える革命 ドギラゴン》意地悪の失態で勝太の手元に戻っている。

レアキラーズの面々が次々と撃破されると、再びレアカードを奪うためにレアキラーズと共に自らも勝太の学校へ乗り込む。そこに現れたルシファーと3回目の対決を行い、《伝説の禁断 ドキンダムX》禁断解放して優位に立つが、《時の法皇 ミラダンテXII》ファイナル革命で新たなタイムストップを受けて敗北。
禁断の呪いで《伝説の禁断 ドキンダムX》は失われたが、No.2との約束を果たすため、バサラは「禁断を上回る禁断」と契約する事によって生き残ったのだった。

新たな「禁断」を身に宿した後、百獣 レオにアジトを暴かれ直接対決をする。革命チェンジに反応した侵略ZEROで一気にクリーチャーを展開し、マナチャージをしないゼロチャージキルで勝負を決めたが、ルシファーの手引きで勝太達にもアジトの場所が公になり、No.2と出会った頃のガレージの直下を改造したアジトに拠点を移した。
No.2ルシファーに勝利した際は、リベンジの機会を奪ったNo.2に苛立ちを見せるものの、目的遂行のため《時の法皇 ミラダンテXII》を「禁断の星」に吸収させた。

お笑い芸人になる夢のためにレアキラーズ脱退を決意したまじめ所ちょーに、レアキラーズの解散をかけたデュエマを挑まれる。まじめ所ちょー《ヘブンズ・フォース》侵略ZEROを連打してゼロチャージキルで勝負を決めた。それから間もなく、「最後の禁断」をカードとして手に入れ、世界をゼロにする「禁断の星」を空に放った。

直後、「最後の禁断」が見せた荒廃した未来を阻止するため立ち上がったコジローの反逆を受ける。コジローとの問答にも「世界をゼロにする」姿勢を崩さず、《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》禁断爆発で勝負を決め、コジローを葬った。その後も《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》切札とし、勝太とのデュエルに勝つなど自身の計画を進めるが、バサラ自身の身体は禁断カードによってさらに浸食されていた。
また、自身の計画を止めに来たデュエマーランド時代の同僚のハカセランボーも退けた。その際、ハカセ達は「バサラのことを仲間だと思っている」と言ったがバサラは「お前らを仲間だと思ったことは一度もない」と一蹴している。しかし、デュエマで彼らを葬ったものの、バサラは涙を流していた。

最終決戦で勝太に敗北し、彼を抱えていたNo.2が涙していた事から死亡したと思われたが、切札 ジョー編でかつての仲間たちと共に生存が確認された。

漫画

バサラとその仲間3人は暴力と盗みの毎日を送っていた。だがある日、とある工場のオーナーに雇われる。「バイクを完成させればその価値の半分である5000万円を支払う」とオーナーと約束した彼らはバイクを完成させるべく毎日を過ごしていた。
特にバサラは他の仲間よりもバイク造りに熱を注ぎ、休む間も惜しみバイクを造っていた。おに金が入れば工場をでかくできる。もっと人を雇って、もっと工場を大きくできる。そうして自分たちだけで生きていくために。喧嘩を売りつけられて痛い目に合わされ、体がボロボロになろうとも、仕事を続けていくためにバサラは一切反撃しなかった。

そんな日々を過ごしていき、一ヶ月と数日が過ぎた頃、ようやくバイクが完成した。だが、そこに現れたオーナーに仲間の二人を撃ち殺されてしまう。オーナーは最初から報酬を支払う気など無く、ずっと彼らを騙し続けていた。
生き残った仲間のNo.2とともに彼はオーナーに追い込まれてしまい、バサラに銃弾が当たろうとしたその時突然バイクがバサラをかばい動き出し、クリーチャーになった。
何故バイクがクリーチャーになったのか、それは誰にもわからない。だがバイクはバサラ達の思いに応え、クリーチャー...《轟く侵略 レッドゾーン》となりオーナーを轢き殺した。

だがその光景を警察に目撃されてしまい、No.2に手を引っ張られながら逃走する。
逃走の最中「何故オレたちが逃げなくなくちゃならないんだ、オレたちは悪くないだろ」、「狂ってやがる、どうやってもオレたちは這い上がれないのか、人並みに生きていくことさえ許されないのか」と世界に対して怒りと哀しみを露わにする。
そんなバサラに対しNo.2は「嫌いかい?バサラ」「なら壊そうか、こんな世界」と持ちかける。

そしてそれを実現するために、世界の息の根を止めるために二人は《轟く侵略 レッドゾーン》と共に禁断のカード《伝説の禁断 ドキンダムX》を探す旅に出たのであった。

その後デュエマ甲子園決勝で切札 勝太と2回目の対決。
《伝説の禁断 ドキンダムX》《燃える革命 ドギラゴン》《完全攻撃革命》のコンボで倒され、崩壊するデュエマーランドと共に消え去ったと思われたが…。

戦績

  • 通算成績:17戦12勝5敗

アニメ「デュエル・マスターズVSR」

アニメ「デュエル・マスターズVSRF」

関連カード

参考


Last-modified: 2018-11-30 (金) 23:15:46