バトルゾーン以外の場所

総合ルールで使われている表現。


206. パワー

206.1. パワーはカードの持つ特性です。通常、クリーチャー・カードの左下に記されている数字がパワーを表しています。パワーは効果によって修整を受けたりある値に変更されたりすることがあります。

206.2. 一部のクリーチャー・カードでは、パワー後ろに「+」や「-」が表記されることがあります。これはそのクリーチャーが自身の持つ能力によってパワーが変動することを示しています。

206.2a これらのクリーチャーはバトルゾーン以外の場所において、「+」や「-」の修正を受ける前の数値のパワーを持つものとして扱います。


 

バトルゾーン以外のゾーン

サイキック・クリーチャーなど、両面カードテキストにある表現。超天篇から登場したGRクリーチャーは両面カードでないが、裏地が白く、山札に入れず超GRに入れなければいけない為、こちらの表現が使われる。

両面カードは通常カードとの違いにより、あらかじめ属するゾーンが大枠で定められている。カードプレイする舞台となるバトルゾーンは必ず含まれるが、それ以外の場所に行く場合に特殊な処理を挟む事で、非公開情報と公開情報の齟齬などややこしい事が起こらないようになっている。

例えば、サイキックドラグハート等の超次元ゾーンに属するカードは、バトルゾーンの他には超次元ゾーンにしか置かれないようになっている。
一例として、サイキック・クリーチャーの注釈は以下のとおり。

(ゲーム開始時、サイキック・クリーチャーは山札には含めず、自身の超次元ゾーンに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、そこに戻す)

また、《伝説の禁断 ドキンダムX》《終焉の禁断 ドルマゲドンX》バトルゾーン以外の場所に置かれると特殊敗北条件によりゲームを強制終了するようになっている。
以下は《伝説の禁断 ドキンダムX》のテキスト。

このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば、自分はゲームに負ける。

GRクリーチャーは両面カードではないが、先述のサイキックドラグハートと同様にバトルゾーンの他には超GRゾーンにしか置かれないようになっている。またGRクリーチャーはバトルゾーンを離れた際、原則として超GRの一番下に裏向きで置かれる。
一例として、GRクリーチャーの注釈は以下のとおり。

(ゲーム開始時、GRクリーチャーは山札には含めず、自分の超GRに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、超GRの一番下に戻す)
  • 特殊敗北条件によりゲームを強制終了するタイプのカードと継続的な敗北回避能力を持つカードを合わせた場合、それらのカードがバトルゾーン以外のゾーンに置かれてもゲームが続行するため、非公開情報と公開情報の齟齬が起こりえる。実戦では滅多に起こらないものの、かなりややこしい処理をしなければならなくなる。
    • 禁断コアの登場により、この手の齟齬は比較的発生しやすくなった。

シールドゾーン
手札
墓地
山札
マナゾーン
超次元ゾーン
超GRゾーン

参考