バルーン・マッシュルーム

自然文明の軽量種族
その名の通り、キノコ型のツリーフォークといった容姿で、マナに関係する能力を持ったものがほとんど。
命名ルールは、《ハナサキエリンギ》を除き「〜ダケ」。多色クリーチャー進化クリーチャーとも存在しない。

シビレアシダケ UC 自然文明 (2)
クリーチャー:バルーン・マッシュルーム 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札を1枚、マナゾーンに置いてもよい。

ハナサキエリンギ UC 自然文明 (4)
クリーチャー:バルーン・マッシュルーム 4000
サイレントスキル:(自分のターンのはじめに、このクリーチャーがタップされていたら、アンタップするかわりに次のSS能力を使ってもよい)
SS−自分の山札を見る。その中からクリーチャーを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

DM-01から登場しているが非常に数が少ない。DM-05を最後に闘魂編では登場していなかったが、DM-10にかろうじて《ハナサキエリンギ》が収録された。その後DM-16《スナフ・マッシュルーム》なるカードワイルド・ベジーズとして出ており、今後増えていくことは期待薄。

DM-37において、6年ぶりとなる《オニフスベダケ》が登場したが、これ以降もキノコ型ワイルド・ベジーズは何体か登場するも、こちらは姿を消したままである。

革命編に入るとDMD-26では《モリノオウジャダケα》として約5年ぶりの復活を果たしたが、あくまで旧種族であるサバイバーの生き残りとしての登場であるため、今後も登場する可能性はやはり低い。
しかし大方の予想に反し、それ以降も初の新枠バルーン・マッシュルームとなる《フルフワモケダケ》、更に《キング・シビレアシダケ》が立て続けに登場。復活の兆しを見せる。

殆どがDM黎明期のカードという事で、現在使用するのはカードパワー的に厳しいものが多く、唯一汎用性の高めな《シビレアシダケ》【ラムダビート】などで数枚採用される程度というのが現状である。その為、革命編以降登場したの上記の新規バルーン・マッシュルームの活躍に期待がかかる。

参考