ヒューマノイド(種族)

文明の代表的な種族。通称は「人間」。
苛酷な環境の中で、他の文明の強力な種族との競争を生き残るため体の一部を機械化したサイボーグの戦士である。
進化クリーチャーになると自分の体よりも大きな武器(機神装甲)を多数装備するようになる。
デュエル・マスターズ黎明期から登場しており、不死鳥編に至っても少数登場している。
単色クリーチャーは火・自然無色に存在している。特にエピソード2期に火・闇のヒューマノイドが多数登場し、さながらハイブリッド種族かのような扱いを受けていた。これらはいずれもハンターを持っている。

通常のクリーチャーには特に命名ルールはなく、「称号+名前」となっているのみ。
進化クリーチャーの場合「機神装甲ヴァル〜」または「機神装甲〜ヴァル」となり、〜には進化前のクリーチャー名が入る事もある。多種族クリーチャーの場合は「勇騎」が冠詞になる。

小さな勇者ゲット C 火文明 (2)
クリーチャー:ヒューマノイド 2000+
パワーアタッカー+1000
このクリーチャーは、毎ターン攻撃しなければならない。

機神装甲ヴァルボーグ SR 火文明 (3)
進化クリーチャー:ヒューマノイド 5000+
進化−自分のヒューマノイド1体の上に置く。
W・ブレイカー
攻撃中、このクリーチャーのパワーは、バトルゾーンにある他の火のクリーチャー1体につき、+1000される。

文明らしく攻撃的な種族パワーアタッカー等の能力持つことが多い。
デュエル・マスターズ黎明期には《機神装甲ヴァルボーグ》等を主力にしたデッキ(>【赤単ヴァルボーグ】)がよく組まれた。

文明におけるリキッド・ピープルビーストフォークのような位置づけで、最初期から存在する古参種族。かの切札 勝舞もかつては【速攻】の友として愛用し、《暴走番長ギャラン》などはたびたび背景ストーリーに登場していた。

しかしエピソード2までの長きにわたり、の実質的な主力種族ドラゴンファイアー・バード、もしくはティラノ・ドレイクとなっていた。この種族は全体的に軽いカードはそこそこ強いもの、重いフィニッシャーのほとんどのスペックが低かったためである。

エピソード1での《問答無用だ!鬼丸ボーイ》の登場以降、新たなの主力として積極的にフィーチャーされることとなる。《黄金世代 鬼丸「爆」》《涙の終撃オニナグリ》《オニナグリ・ザ・レジェンド》など強力なフィニッシャーにも恵まれ、ビートダウンでは存分に活躍できるだろう。

特に《黄金世代 鬼丸「爆」》《鬼斗マッスグ》の組み合わせはデザイナーズコンボであり、これを組み込んだ種族デッキである【赤黒ヒューマノイド】が作成されるようになった。これは漫画やアニメで切札 勝太が愛用するデッキでもある。

エピソード3の終盤では、ヒューマノイドとしても扱うヒューマノイド爆が登場。ドラゴン・サーガにおいては、ガイアール・コマンド・ドラゴンのサポートとして活躍が期待されており、今後もこの種族とともに躍進が望まれる。

  • エピソード2に入って以降、これまでは見られなかった少女・女性型のヒューマノイドやを含まない単色のヒューマノイドが散見されるようになった。

関連カード

よく使われるヒューマノイド

ヒューマノイドに関連する効果を持つカード

ヒューマノイドの進化

参考


ヒューマノイド(種族カテゴリ)

テキストに登場する「ヒューマノイド」という語は、名前に「ヒューマノイド」とつく種族全体を指す。元々は「ヒューマノイド」という種族のみを指す用語だったが、アウトレイジエラッタの影響とヒューマノイド爆の登場によりカテゴライズされ、新たな概念として生じた。

「ヒューマノイド」とある種族

参考


Last-modified: 2018-10-27 (土) 10:55:17