ヒューマノイド(ばく)

DMR-12《爆闘剣士 グレンモルト》で初登場した種族
命名ルールは「爆○○(称号) 〜」であり、〜にはウイスキーの名前が入ることが多い。
龍を模した鎧を身にまとい、龍を模した武器を持つ。

爆闘剣士 グレンモルト R 火文明 (5)
クリーチャー:ヒューマノイド爆 4000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
このクリーチャーがバトルに勝った時、相手のシールドを1枚ブレイクする。

エピソード3最終章で登場し、次弾のドラゴン・サーガで本格的にフィーチャーされる。種族名にヒューマノイドを含むので種族カテゴリが同じデッキに共存させるのは十分可能である。
ドラゴン・サーガの火文明はバトル好きなこともあり、バトルに関連する能力を持つクリーチャーが多い。

  • ドラゴン・サーガ期に登場したヒューマノイド爆の多くはウイスキーに由来するカード名を持つクリーチャーが多く、低年齢層向けのカードゲームにふさわしくないのではないかという指摘もある。
    • だが、後に《グレープ・ダール》が登場したことを考えると、タカラトミー的にはアルコールをカードに登場させることはOKのようである。
  • 僅かながら進化クリーチャーが存在する。ただし、そのどれもが特殊種族を併せ持っていたり、背景ストーリーで主役級の活躍をしていたりするカードばかりであり、ヒューマノイド爆の正統な命名ルールに従っているとは思いがたい。この種族自体の進化クリーチャーの命名ルールは今のところ不明である。
  • 優れた軽量進化クリーチャーを軸として戦うヒューマノイドとは違い、こちらは単体のスペックに優れる代わりにコストの重いクリーチャーが多い。

ヒューマノイド爆の進化

ヒューマノイド爆に関するカード

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 14:06:02