ビートジョッキー

DMRP-01で登場した種族
同時期に登場した他種族同様、種族内で明確な階級社会が構成されており、大きく以下の3つの階級に分けられる。かつそれぞれの階級は別種族とも思えるほどに容姿や命名ルールにおいて分断されている。

「猿人」

「チーム」を結成し戦う猿型ビートジョッキー。
命名ルールは「〜 “○○○” 〜」が基本形で、〜にカタカナ、○にアルファベットの大文字が入る。読み方は当て字。

ドープ “DBL(ダブル)" ボーダー SR 火文明 (4)
クリーチャー:ビートジョッキー 4000+
スピードアタッカー
このクリーチャーがバトルに勝った時、アンタップし、そのターン、このクリーチャーのパワーを2倍する。その後、相手のシールドを1つブレイクしてもよい。
このクリーチャーが破壊される時、かわりに自分の他のクリーチャーを1体破壊してもよい。

「炎ネズミ」

他階級のサポート役の炎ネズミ型ビートジョッキー。
命名ルールは「〜・チュリス」〜部分が炎ネズミの名前。G・G・G持ちの場合は「"○○○"・ララッタ」となる。
フレーバーテキストで「〜ッス」口調で話す。
名前に「リス」が入っているが、これは「リス(栗鼠)」には「木ネズミ」という呼び名もあるため、モチーフにはリスも含まれているものと思われる。

ダチッコ・チュリス R 火文明 (2)
クリーチャー:ビートジョッキー 2000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このターン次に召喚する自分のビートジョッキーのコストを最大3少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

「戦車」

ビートジョッキーがグランセクトの植物兵器を「見よう見まね」で作った乗り物型ビートジョッキー。
チュリスたちが動力となる、人力ならぬネズミ力戦車。
命名ルールは「カタカナ語(擬音であることが多い)+乗り物+チュリスの名前」

ガンザン戦車 スパイク7K SR 火文明 (6)
NEOクリーチャー:ビートジョッキー 7000+
NEO進化:自分の火のクリーチャー1体の上に置いてもよい
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーは、それぞれ次のうちいずれか1つの能力を得る。
►このターン、そのクリーチャーのパワーは+5000され、シールドをさらに1つブレイクする。
►このターン、そのクリーチャーのパワーは+2000され、アンタップしているクリーチャーを攻撃できる。
  • B・A・Dを持つものは「猿人」か否かにかかわらず名前に“○○”(漢字2字で、英単語のもじり)と入る。

文明らしく低コストクリーチャースピードアタッカーを用いた前向きな攻めを得意とする。
また専用能力B・A・Dにも代表されるようにコスト軽減に長けた種族でもあり、フィニッシャーとなるクリーチャーは4〜5コスト、時にはわずか1コストで登場する事もある。
双極篇では新たな専用能力としてG・G・Gが登場。速攻による手札の枯渇を逆利用する手段を得た。

  • 他の新章種族と違い、《ダチッコ・チュリス》フレーバーテキストで解説されたとおりに最初から3階級揃っており、かつDMRP-07時点で追加の階級も存在しないため、誰がどの階級に属しているかが非常にわかりやすい。マスターまで3階級から全くはみ出ていないのは珍しい。

ビートジョッキーに関連する能力を持つカード

ビートジョッキーのNEOクリーチャー

参考


Last-modified: 2019-01-15 (火) 13:45:08