ファイアー・バード(種族)

主に文明によって構成される種族DM-03で初登場。
初期は主となるカードばかりだったが、現在は全文明に存在する。

ほとんどはマスコットのような可愛らしい雛鳥。のファイアー・バードは名前そのままに炎を纏っている。
進化すると、幼いヒヨコではなく猛禽類のような外見になる。

進化クリーチャーは長い間存在せず、聖拳編フェニックス進化元となるのみだったが、DM-32において丸7年の歳月を経て登場した。
命名ルールは「〜・〜」で、ほとんどのカードに半濁音または濁音の文字が入る。
多種族の際は「翔天」を冠詞とする。進化では「火之鳥〜」。進化で、さらに多種族であれば「凰翔(おうしょう)」(《騎神凰翔ハクツル・ザーク》/《凰翔竜機バルキリー・ルピア》など)となる。

コッコ・ルピア UC(C) 火文明 (3)
クリーチャー:ファイアー・バード 1000
自分のドラゴンの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは2より少なくならない。

リップ・ウォッピー C 水文明 (3)
クリーチャー:ファイアー・バード 2000
ドラゴンをバトルゾーンに出した時、カードを1枚引いてもよい。

翔天鎧冑ビトッチ UC 火/自然文明 (3)
クリーチャー:ファイアー・バード/ジャイアント・インセクト 4000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

火之鳥ボレアス R 火文明 (3)
進化クリーチャー:ファイアー・バード 5000
進化−自分のファイアー・バード1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体破壊する。

ドラゴンサポート種族として有名。一部にフェニックスゴッドをサポートするものも。
現在は進化対象が増えたこともあって、ファイアー・バード自体を主力にした種族デッキも作れる。

全体的に低コストクリーチャーが多いので、早期に出すことができる。
しかしドラゴンを強化するものは、その重要性から非常に火力などに狙われやすいので注意。

汎用性の高いドラゴンサポートはパワー1000のものが多く、《ローズ・キャッスル》などはまさに天敵と言える。
焼かれる時、俗に「焼き鳥」と言われるが、ほとんどは最初から燃えている。

関連カード

ファイアー・バードに関連する効果を持つカード

ファイアー・バードの進化

参考


ファイアー・バード(種族カテゴリ)

テキストに登場する「ファイアー・バード」という語は、名前に「ファイアー・バード」とつく種族全体を指す。元々は「ファイアー・バード」という種族のみを指す用語だったが、アウトレイジエラッタの影響とファイアー・バード炎の登場によりカテゴライズされ、新たな概念として生じた。

「ファイアー・バード」とある種族

参考


Last-modified: 2018-10-15 (月) 16:05:56