フィールド

フィールドとは、カードタイプの一つ。DMD-31D2フィールドとしての登場が初出。
DMRP-02時点で現存するフィールドはすべて特殊タイプを有しており、その大部分はD2フィールドである。

チキチキ・JET・サーキット UC 火文明 (4)
D2フィールド
自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。(「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは召喚酔いしない)
(他のD2フィールドがバトルゾーンに出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)

FORBIDDEN STAR(フォービドゥンスター)〜世界最後の日〜 FFLC 闇/火文明 (マナコストなし)
最終禁断フィールド
この最終禁断フィールドは、ゲーム開始時、四隅に封印を1つずつ付けてリンクしたフィールドとしてバトルゾーンに置く。(カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く)
バトルゾーンにある自分の封印は、各ターンに1つだけ、闇または火のコスト5以上のコマンドを召喚または「侵略ZERO」を使ってバトルゾーンに出すことによってのみ、外すことができる。(外した封印は墓地に置く)
自分は、コマンド、イニシャルズ、あるいは名前に《禁断》とあるクリーチャーでしか攻撃できない。
この最終禁断フィールドはバトルゾーンを離れない。
(左上)α:このカードから封印が外された時、相手のパワー1111以下のクリーチャーを1体、破壊する。(右上)δ:このカードから封印が外された時、このターン、自分のクリーチャー1体に「スレイヤー」を与える。
(左下)β:このカードから封印が外された時、このターン、自分のクリーチャー1体に「パワーアタッカー+2222」を与える。(右下)γ:禁断爆発:このカードから封印が外された時、この最終禁断フィールドに封印が1つもなければ、裏返し、1体のクリーチャーとして合体させる。

プランDG(ディージー) VR 無色 (6)
DGフィールド
自分のターンの終わりに、自分の山札の上から1枚目を表向きにし、手札に加える。その後、そのカードよりコストが小さいクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。出さなければ、自分のシールドを1つ墓地に置く。

フィールドをプレイすることを展開と呼ぶ。展開するとフィールドはバトルゾーンに出る。フィールドが持つ能力は、原則バトルゾーンで機能する。

バトルゾーンにあるフィールドの正位置はフォートレス同様に横向きである。それ以外のゾーンではマナ数を目印に、他のカードと同じ向きで扱う。

Dスイッチなどの能力を介し、バトルゾーンで上下逆さまの位相をとる事がある。

  • 勘違いされやすいが、D2でないフィールドがバトルゾーンに出ても、D2フィールドやその他のフィールドが墓地に送られることはなく、またD2フィールドが出てもD2以外のフィールドが墓地に送られることはない。「お互いを弾き合うのはD2フィールドのみ」と覚えておけば良いだろう。
  • デュエマ開発部員の射場本正巳氏がカードゲーマーvol.27で語った内容によると、本来は通常デッキに入るフォートレスの開発が検討されていたが、ストーリーの都合上採用には至らなかったという。ドラグハート・フォートレスと同じ横向きカードであるフィールドは、それらの代わりに登場したカードタイプとも考えられる。
    ドラゴン・サーガ最終章にて非ドラグハートフォートレスでも能力がトリガーするカードが存在するのはこうした背景の名残だが、残念ながらフィールドがそれらのカードのサポートを受けることは当然できない。

「フィールド」を参照するカード

参考


Last-modified: 2018-11-18 (日) 17:12:33