フィニッシャー

ゲームの勝敗を決定づけるために採用されるカードのこと。

大方、そのデュエルを終わらせるほどのカードパワーを持つカードが選ばれる。クリーチャーが選ばれることが多いが、呪文クロスギアの場合もある。

デュエル・マスターズでは、

  1. シールドが0枚の相手にダイレクトアタックを通す
  2. 相手をライブラリアウトさせる
  3. 何らかのエクストラウィンの条件を満たす
    のいずれかの方法で勝利することができる。これらを満たすのに最もふさわしいカードがフィニッシャーとなる。

更に細かく分類すると、以下のような特徴を持つカードがフィニッシャーとして採用されやすい。

当然ながら、どんな強力なフィニッシャーも、使用できなければそのスペックを生かすことができない。各デッキごとのフィニッシャーが最も活きるような構成にすることが大切である。

逆にいえば、相手のフィニッシャーの対策にはそもそも使わせないようにすることが大切だと言える。
近年のフィニッシャーはスピードアタッカーや強力なcipを持っているものが多く、出されたら手遅れとなる場合が多い。

よって、デッキ全体のマナコストを極限まで軽くして「やられる前にやる」【速攻】、「フィニッシャーを手札から抜き取る」ハンデスなどの方法が対策として機能する。これらの微妙な相性バランスの連鎖が、デュエル・マスターズのゲームバランスを支えている。

自分のフィニッシャーをいかに活躍させ、相手のフィニッシャーをいかに妨害するかがデュエルの焦点と言える。

  • 特定のフィニッシャーの使用に固執し過ぎると、それがもとで勝機を逃すこともある。例えばフェニックスを使うデッキの場合、進化を狙わずに進化元を並べてそのまま殴った方が結果として勝利につながる場面も多い。フィニッシャーを使いたいがために負けた、という本末転倒な事にならないようにしたい。
  • 似たような意味の用語には切札、エンドカード、エンドパンチャーなどがある。

【除去コントロール】のフィニッシャー

攻撃に使えないカードが多いため、このタイプのデッキが最もフィニッシャーに重きをおくデッキである。単体で大量のシールドブレイクでき、かつS・トリガーを封じ込めることのできるカードが適格。
《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《光神龍スペル・デル・フィン》《「祝」の頂 ウェディング》等。

【クリーチャーコントロール】のフィニッシャー

ブロッカー主体のクリーチャーコントロールでは、ブロッカーによる最後の一斉攻撃のため、《ダイヤモンド・ソード》《雷電の覚醒者グレート・チャクラ》などが使用される。
また、種族を固めた種族デッキ的な【クリーチャーコントロール】では、その種族の中で大型かつ強力なファッティ進化クリーチャーがフィニッシャーとして選ばれることが多い。ガーディアン《陽炎の守護者ブルー・メルキス》グレートメカオー《無敵巨兵スパルタンJ》などがこれに当たる。

ビートダウンのフィニッシャー

中速ビートダウンでは、比較的小型のW・ブレイカー、トリガー封じが使われる。また、味方クリーチャー全員にW・ブレイカーを与えたり、ブロックできない効果を与えたり、相手をタップしたりするカードも有効。
《無双竜機ボルバルザーク》《紅神龍ジャガルザー》《呪紋の化身》《カンクロウ・ブラスター》等。

【速攻】デッキは全てのクリーチャーでシールドをブレイクするので、フィニッシャーは原則として存在しない。

それ以外のデッキのフィニッシャー

デッキを上記の分類に照らし合わせた上で、投入しやすいカードの中で最も上記フィニッシャーに性質の近いものが使用される。

参考


Last-modified: 2018-11-12 (月) 01:20:08