フュリー・チャージ

DMX-12で登場した新能力語

登場時点では《Tatsurion》の「このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンに、タップしているクリーチャーを攻撃できる。」しかないため、能力語の共通点は不明。

元ネタは、海外版デュエル・マスターズKaijudo」における《Tatsurion》の持つ能力「Fury Charge」である。

  • 「Kaijudo」では、キーワード能力でない能力にもすべて固有のキーワードを与え、能力語にしている。キーワード能力と区別がややこしいが、元の文章を尊重した結果だろう。
Tatsurion(タツリオン) P 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/ビーストフォーク 6000
フュリー・チャージ:このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンに、タップしているクリーチャーを攻撃できる。
W・ブレイカー
  • フュリー・チャージ(Fury Charge)を直訳すると「憤怒の突進」となる。召喚酔いしながらも、タップされている敵に向かって突進していく様子からの命名であることが窺い知れる。

類似カード

相手プレイヤークリーチャーその他
(普通のクリーチャーがバトルゾーンに出たターン)攻撃できない攻撃できないルールによって召喚酔いしないクリーチャーはどちらも攻撃できる
スピードアタッカーがバトルゾーンに出たターン攻撃できる攻撃できる
マッハファイターがバトルゾーンに出たターン攻撃できない攻撃できる出たターンのみアンタップクリーチャーも攻撃目標に選ぶことができる
出た次以降のターンはアンタップクリーチャーは攻撃目標に選べない
フュリー・チャージがバトルゾーンに出たターン攻撃できない攻撃できるアンタップクリーチャーは攻撃目標に選べない
逆フュリー・チャージがバトルゾーンに出たターン攻撃できる攻撃できない

参考