フルクリーチャー

デッキのすべて(ほとんど)をクリーチャーに頼った戦法。
またはそのようなデッキ構成のこと。ノンクリーチャーの対義語。

ノンクリーチャーとは違い、フルクリーチャーデッキならば作成すること自体は容易。

そもそもDMの戦術の基本はクリーチャーであり、勝利条件の一つであるシールドブレイクダイレクトアタックに持ち込みやすいのもクリーチャーだからである。

ただし、採用率の高い呪文を採用しないことから、デッキの安定性や柔軟性は下がる。《フェアリー・ライフ》《エナジー・ライト》、各種超次元呪文を入れられないのは少なからずデメリットである。

当然ながら、フルクリーチャーにするメリットがあるカードを使う場合にそうされる。山札の上からクリーチャーコスト踏み倒しする【アナスタシスフルクリーチャー】【サイバー・G・ホーガン】、またはデッキ進化を有効に扱うデッキでは、意図的にこのような構成が取られる。

わざわざクリーチャーのみでデッキを組むからには、メリットデメリットをよく考えたい。

メリット

デメリット

その他

  • 現在ではツインパクトカードの登場によりフルクリーチャーでありながら呪文を使用できるようになった。ただし呪文メタに引っかかるのでバランスが重要である。

参考


Last-modified: 2018-10-14 (日) 17:18:07