ブレインジャッカー

DM-01から存在している文明種族のひとつ。
寄生生物で、蜘蛛に似た姿のものが多い。《ブラッディ・イヤリング》のように、蜘蛛と言うよりT2ファージ(細菌に寄生するウイルスの一種)に近いものもいる。

命名ルールは原則的には「〜・〜」で、前半にはダーク、ボーン、ブラッディなどいかにも闇らしい英単語、後半にはアクセサリーや装身具の名前が入る。多種族冠詞は「邪脚」。

ブラッディ・イヤリング C 闇文明 (2)
クリーチャー:ブレインジャッカー 4000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃することができない。
このクリーチャーがバトルする時、バトルの後、このクリーチャーを破壊する。

邪脚護聖ブレイガー UC 光/闇文明 (4)
クリーチャー:ガーディアン/ブレインジャッカー 3000
セイバー:全種族

総じて小型のクリーチャーで、序盤の戦略を支えるものが多い。
初期には高いパワーと引き換えに逆スレイヤーデメリットを持つブロッカーが多かった。
後のカードの中には「ブレインジャッカー」という種族名らしく相手の行動を強制させるカードもある。(→《ポゼスト・マフラー》
「小型が多い」という特徴と、進化クリーチャーがいないことから種族デッキが組まれることは少ないが、文明の入る数多くのデッキでその姿を見ることのできる「縁の下の力持ち」的な種族である。

参考