ブロック構築

革命編より導入された、共通の「シリーズマークの存在するカード」のみでデッキを構築する構築ルール。

それまでの限定戦とルールは大きく変わっていない。

  • 現時点で、大会の予選などに使われることは限定戦同様。
  • 2015年の公式大会「デュエルマ☆スターカップ」から、「店舗予選」から「エリア代表決定戦」までがブロック構築戦となる。それ以前は、「店舗予選」と「日本一決定戦」が通常の殿堂レギュレーションで行われ、限定構築戦となっていたのは「エリア代表決定戦」のみだった。
  • 革命編から新章デュエル・マスターズまでその年のシリーズ(1ブロック)で行われていたが使えるパックに差がある事、新章時の振るわないパック販売へのテコ入れとして双極篇からはその年と1年前のシリーズが使える2ブロック制に変更されることになった。(Magic:The Gatheringにおけるスタンダードに近い)

+  close


+  close

2018/06/23時点での2ブロック構築で使用できるエキスパンション、および収録外カード

  • 必ずしもDMがついている必要はなく、上記のリストにある同名のカードであれば使用できる。
  • DMEX-01クロニクル・レガシー・デッキは商品の性質上DM及び双マークがついていないため2ブロック構築では使用できない。また、DMRP-05以降の通常エキスパンションであっても、UGC(ウルトラゴールデンカード)は双のマークがないので使用できない。
    • 一部例外として、《ゴールデン・ザ・ジョニー》はコロコロプレミアショップ限定デュエル・マスターズ15周年記念セット ゴールデン・ザ・ジョニー&バレット・ザ・シルバーにてDMマーク付きのがあるため使用できる。

参考


Last-modified: 2018-08-29 (水) 20:00:37