マーシャル・タッチ

マーシャル・タッチとは、「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の他のクリーチャー1体を手札に戻してもよい。そうした場合、MT(マーシャル・タッチアイコン)以下の文章を行う」を意味するトリガー能力である。

DM-36で登場したキーワード能力の一つ。

サラマンダー・リザード UC 火文明 (5)
クリーチャー:メルト・ウォリアー 3000
K・ソウル
マーシャル・タッチ(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の他のクリーチャーを1体、バトルゾーンから手札に戻してもよい。そうした場合、このクリーチャーのMT能力を使う)
MT−この「マーシャル・タッチ」能力で手札に戻すために選んだ自分のクリーチャー以下のコストを持つ相手のクリーチャーを1体、破壊する。

自分のクリーチャー手札に戻すコストは一見デメリットだが、cip能力の使いまわしに利用することも可能。
また、マーシャル・タッチ持ちのクリーチャーを別のマーシャル・タッチ持ちクリーチャーで戻すことにより、効果を何度も使い回すことが可能。

  • 一時期「置換効果クリーチャー手札に戻せなかった場合、効果を使うことはできない」という裁定が出ていたが、現在では問題なく可能という裁定に戻っている。
  • マーシャル・タッチ能力は不発に終わる場合、もしくは不発に終わると分かっていても、クリーチャーバトルゾーンから手札に戻すことは可能。こうした動きを利用して、cip能力の使いまわしをすることも可能。ただし効果の対象が残っている場合、できる限りの処理を行わなければならない。

マーシャル・タッチに関連する効果を持つカード

サイクル

DM-36文明特有のキーワード能力

参考


Last-modified: 2018-09-27 (木) 14:53:04