マーフォーク

DM-10 から登場した文明種族

サイバーロードたちとは異なる文化基盤に存在する、水棲の半獣(魚)人族。ほとんどが下半身が魚(あるいは軟体動物)の姿をしており、貝殻や魚の骨を利用した武器を持ち、鎖を身にまとうことが多い。

『デュエル・マスターズ パーフェクト ルール BOOK』によるとマーフォークは半漁人海賊団であり、ゲーム上の特徴は「ラフな肉弾戦を得意とする水の異端児」とのこと。

命名のルールは、カタカナということ以外は特にない。
多色や2種族カードでの冠詞は「電影」。マーフォークとしての進化クリーチャー《パシフィック・チャンピオン》1体のみ。キマイラとの進化Vクリーチャー《蛇魂王ナーガ》が存在する。

フィスト・ブレーダー C 水文明 (1)
クリーチャー:マーフォーク 2000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃することができない。

フェイト・カーペンター C 水文明 (3)
クリーチャー:マーフォーク 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを2枚まで引く。その後、自分の手札を2枚捨てる。

パシフィック・チャンピオン R 水文明 (2)
進化クリーチャー:マーフォーク 5000
進化−自分のマーフォーク1体の上に置く。
このクリーチャーは、進化クリーチャーではないクリーチャーから攻撃されない。
このクリーチャーは、進化クリーチャーではないクリーチャーにブロックされない。

多くが低コスト域に存在し、ドローバウンスなど文明らしい能力を持つ。ただし、いずれもカードパワーに乏しく、墓地肥やしができる《フェイト・カーペンター》がわずかに使われる程度である。

進化クリーチャー《パシフィック・チャンピオン》のみだが、それを核にして組まれる青単デッキは強力で、転生編環境から極神編環境まで使われていた。

種族全体を見渡すと、戦闘技能よりも何かしらの特殊能力を持つものが多く、前に述べた青単で主に使われるのはどちらかといえば異端な方といえる。

リキッド・ピープルサイバーに比べると扱いはいいとは言えず、種族でもかなりマイナーな方である。

  • 他の大部分の種族と同じく不死鳥編では姿を消したが、極神編で復活。だが、その後は再び姿を消し続け、覚醒編以降も忘れた頃にポッと出る程度である。

関連カード

マーフォークの進化

参考


Last-modified: 2018-12-09 (日) 15:38:53