マスター・イニシャルズ

DMD-31で登場した新種族。全文明単色で存在し、多色/のみ。

《伝説の禁断 ドキンダムX》が作った特殊な世界であるD2フィールドの支配者、すなわちマスターとして送り込まれた種族で、イニシャルズの上位種族でもある。

命名ルールは「D2」で始まり、それぞれの派閥の頭文字アルファベットが入る。このアルファベットは、《伝説の禁断 ドキンダムX》がそれぞれのマスター・イニシャルズに与えたものである。

D2-V禁断のボルトロン P 闇/火 (6)
クリーチャー:ソニック・コマンド/マスター・イニシャルズ 7000
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンに自分のD2フィールドがあれば、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーを−99999する。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)

バトルゾーンに自分のD2フィールドがあれば、」を条件とする能力を持つことが特徴。またそれぞれのマスター・イニシャルズは、支配しているらしいD2フィールドデザイナーズコンボを持つ。

大抵のマスター・イニシャルズはD2フィールドを条件とする能力以外にも何らかの能力を持っている場合が多く、総じてスペックは高め。
ただし、スピードアタッカーブロッカーなど些細な能力である事が多く、D2フィールドがあって本領を発揮出来るものがほとんどなので、D2フィールドの確保は怠らないようにしたい。

  • 全体的にD2フィールドが無いと真価を発揮できない上に、《D2G ゴッドファーザー》など効果自体お世辞にも使いにくい物が多くD2フィールド自体のサポートとも関連しない為あまり恵まれていない。《D2S 皇帝ワルスラ》など効果が強力で大会で結果を残したカード自体はあるものの、味方側の革命側が《蒼き団長 ドギラゴン剣》など環境に影響を与えるカードが多かった為全体的に弱いイメージが付いてしまった。
    • 結局、革命ファイナル環境を通して革命チェンジという強力なシステムを取り入れた革命軍は環境に大きく影響を与えたものの、マスター・イニシャルズはあまり環境に進出することはなかった。これは、侵略者ばかり環境入りした革命編環境とは真逆の現象である。
    • また背景ストーリーではボス格として登場しているものの、大半のメンバーはどうやって倒されたか明かされず、DMR-22でドキンダム諸共大半のメンバーが倒され侵略ZEROとドルマゲドンなどの新たな禁断側にメインの敵が移り殆ど詳細が明かされない等扱いが悪い。
  • アニメではレアキラーズの切り札として登場しているが、バサラNo.2うつぼみかづらの一部の重要キャラクターを除くとデュエル数自体が少なく、中盤レアキラーズメンバーのデュエル自体が省略されるようになり、組織自体が上層部以外内部崩壊したせいもあり1〜2回切り札が登場したのみでメディアにおける扱いも悪い。
  • メンバーにアルファベット1文字を与える組織という点で、漫画やアニメに登場するガルドを想起させる。ただしこちらはアルファベットによる優劣はなく、重複したマスターがいたり、欠けているアルファベットがあったりする。

参考