マッハファイター

マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

月刊コロコロコミック2018年4月号付録で初登場した能力。

ハザード・オウ禍武斗 SR 自然文明 (9)
クリーチャー:グランセクト 14000
マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
T・ブレイカー
禍武斗の轟印 SR 自然文明 (7)
呪文
このターン、自分のクリーチャーすべてのパワーを+12000し、「T・ブレイカー」を与える。

現在、自然文明クリーチャーのみが持つ能力で大抵はグランセクトが持っている。
この能力を持つクリーチャーは、バトルゾーンに出たターン限定で相手のタップアンタップ状態に関係なく相手クリーチャー攻撃できる。事実上、フュリー・チャージの上位能力である。

文明スピードアタッカーを強く意識した能力と思われる。また、この能力自体はバトルゾーンに出てトリガーしている訳ではないのでcipではなく、常在型能力の一種である。

なお、前述の通りこの能力バトルゾーンに出たターン限定なのでターンをまたいでしまうとアンタップしているクリーチャー攻撃できなくなってしまう。できれば登場ターンに革命チェンジ侵略の踏み台にしてしまいたいところ。

  • マッハファイターによる攻撃も当然ブロックガードマンで防ぐことが可能。ただ、この能力を持つクリーチャーは総じて高パワーなので、文明のブロッカーでも犠牲を出さずに防ぐのは難しい。
    • 《デスマッチ・ビートル》は天敵。パワーが13000もあるので殆どのマッハファイターが返り討ちにされてしまう。低コストなのも凶悪。
  • テキストには書かれていないがこの能力は当然ながら召喚酔いを無視することができる、その反面強制バトル系の能力と違って役割を遂行するには攻撃はしなくてはならないのでタップイン系の能力で無力化されてしまうという特徴がある。
  • マッハファイターが有効な状態のクリーチャーから進化し、同一ターン中にそこからさらに退化した場合、マッハファイターは有効。(2018/8/6事務局正式回答)

参考


公式Q&A

Q.マッハファイターとスピードアタッカーはどう違うのですか?
A.スピードアタッカーは出たターンに攻撃することができる能力ですが、アンタップしているクリーチャーを攻撃することはできません。
マッハファイターを持つクリーチャーは出たターンにクリーチャーであればタップしていてもアンタップしていても攻撃できる能力ですが、プレイヤーを攻撃することはできません。

Q.マッハファイターを持つクリーチャーは出た次のターン以降もアンタップしているクリーチャーを攻撃できますか?
A.いいえ、アンタップしているクリーチャーを攻撃できるのは出たターンの間だけです。


Last-modified: 2018-11-17 (土) 22:22:41