マナ

マナコストの支払いに必要なエネルギーのこと。
公式には「魔法のエネルギー」とされる。

クリーチャー召喚したり呪文唱えたりする(カードプレイする)際には、そのコストを支払えるだけのマナが必要となる。

マナのルール

マナは、メインステップカードプレイする時に、マナゾーンにあるカードタップすることで生み出される。このタイミング以外で生み出される事はない。

マナは「点数」「色(文明)」の2つのステータスを持つ。
生み出すことができるマナは、大抵はカードの下部中央に上下逆さまに記載された「マナ数」によって確認できる。点数はそこに記載された数値、色はマナ数の色となる。

すでにタップされているカードからマナを生み出すことはできない。

マナの支払い

※「マナコスト」も参照。

カードプレイには、そのカードが持つ文明と同じ色と、そのカードコストと同じ点数のマナが必要。これらを捻出するために、マナゾーンカードを複数枚タップしてマナを生み出す必要がある。

手順としてはまず、プレイしたいカードの持つ文明を確認し、該当する文明を持つカードタップして文明持ちのマナを生み出す。

文明分のマナを生み出したら、次は点数を確認する。
まず文明の支払いのために生み出されたマナの点数の合計を数える。これがプレイするカードコストの数値に足りない場合、追加でカードをタップし、合計のマナ点数とコストが一致するよう調整する。

  • このとき、点数がそのコストを超えるように余分にマナタップすることはできない。
  • 文明の確認の時点で点数がカードコストの数値と同じかそれ以上になっていれば、この手順は必要ない。

こうして必要な分のマナゾーンカードタップすることでマナが支払われ、はじめてクリーチャーを召喚したり、呪文を唱えたりすることができる。

  • マナゾーンカードタップした際に生み出せるマナの点数は、ほぼ全てのカードは1だが、カード効果によって2以上に変化することもある。
    • 5色レインボーカードだけは点数が0になっているが、代わりに全文明の中から好きな色を持ったマナを生み出せる。このため点数持ちのマナだけでは足りない色を補う時に使うことができる。
  • コスト加重やコスト軽減など、何らかの能力によって、実際に必要なマナの値が変動することがある。この際、マナコストの値自体が変化するのではなく、あくまで支払いコストが変化するだけである。

その他

  • 「マナ」と言った場合は俗に「マナゾーン」「マナゾーンにある特定のカード」「マナゾーンのカードの枚数」「マナゾーンにあるマナの点数」「特定のカードのマナコスト(『1マナ』など)」などを指すことがある。
  • 語源はハワイ語で「命」や「魂」を表す「mana」。デュエル・マスターズのベースになった「Magic:The Gathering」から転用された用語であり、その他の創作物においても「魔術的・生命的なエネルギー」の代名詞としてしばしば用いられる。

参考


Last-modified: 2018-11-07 (水) 21:59:50