マナブースト

1ターンに1回の通常のチャージ以外にマナゾーンカードを増やすこと。

カード能力マナゾーンカードを増やす行為全般を言う。

青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ) C 自然文明 (3)
クリーチャー:ビーストフォーク 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

自然文明がお家芸として得意とし、非常に多くのものが存在する。また、チャージャーなど他の文明にもマナブーストの手段はある。

基本的に、マナコスト重いカードを素早く使うための戦術である。
デュエル・マスターズではほとんどのカードマナコストが設定してあり、その数字が大きくなるにつれて、カードパワーも段階的に上昇していく。マナゾーンカードを増やすことは、より強力なカードを相手よりも一歩先に使えることに繋がるというわけである。

そのため、基本的に序盤から中盤でこそ効果を発揮する。ターンごとのチャージ各プレイヤーマナは徐々に増えていくので、終盤ではマナアドバンテージの差が開きにくく、デュエルが進んでいくほど効果が薄くなる。
ここはドロー除去などと根本的に異なる部分なので、よく理解しておきたい。

マナブーストができるカードは《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》を始め、実力があるが故に人気のあるカードが多い。その理由として実際に得ることのできるアドバンテージが多いためと考えられる。

例えば2ターン目に使用した《フェアリー・ライフ》ならば、カード使用で-1、デッキからマナゾーンへカードが送られるため実質+1なので+-0。
これだけならば1枚ドローと同じだが、自分は1マナ多くなっているので次のターンで4マナのカードが使える。その為3ターン目に使用するカードを使わずに、相手の3ターン目のカードに対応したことになる。
相手が3ターン目にクリーチャー召喚しようとしていたならば、《スパイラル・ゲート》をノーコストかつ手札消費なしで使った場合と同じである為、見えない部分でアドバンテージを稼いだとも考えられる。

マナブーストはデュエル・マスターズの戦略の中でも基本中の基本なので、上手に活用していきたいところである。

その他

  • 序盤でこそ使いたい戦略なので、序盤にきっちりとマナブーストを決めるためには、それ相応の丁寧なデッキビルディングが求められる。
    初心者でも他のプレイヤーに教えてもらったり、コピーデッキを回してみることで、次第に感覚が掴めるようになっていくだろう。

代表的なマナブーストカード

参考


Last-modified: 2018-10-09 (火) 00:58:06