マナ召喚(しょうかん)

手札ではなく、マナゾーンクリーチャーマナコストを支払って召喚することを指す俗語。

DM-24で味方クリーチャーをマナ召喚できるようになる《華憐妖精ミンメイ》が、DM-26で自身でマナ召喚可能な《無双海王ソウル・ドルジ》が登場した。

獣軍隊 ランキー UC 自然文明 (2)
クリーチャー:ビーストフォーク號/侵略者 1000
このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。

華憐妖精ミンメイ SR 自然文明 (6)
クリーチャー:スノーフェアリー 2000
自分のマナゾーンにある多色クリーチャーを召喚してもよい。

手札にあるかのように召喚できるため、安心してチャージが可能。
ハンデスなどを恐れずに召喚できる一方、出すとマナが減ってしまう。

手札から召喚する場合と同様に、必要な文明カードを含めてマナコストを支払う。
マナゾーンタップされていても召喚することができ、バトルゾーンにはアンタップ状態で出る。

  • DM-36で登場したマナ爆誕マナゾーンからの召喚である。
    • マナ召喚の場合は左上のマナコストを支払って召喚する。マナ爆誕の場合は「マナ爆誕[N](このクリーチャーを自分のマナゾーンから、コスト[N]を支払って召喚してもよい)」に書いてあるコストを支払って召喚する。

マナ召喚を持つカード

以下、クリーチャーでないものは正確には「召喚」にはあたらないが、便宜上掲載する。

マナ召喚を可能にするカード

参考