マナ武装

マナ武装とは、マナゾーンに決められた文明カードが指定枚数あれば、何らかの効果を生み出す能力語である。

初出はデュエル・マスターズVS スペシャル・スタートBOOK付録の《爆炎シューター マッカラン》

特定の文明マナ武装を持つカードは全て3以上の奇数であり、現時点では9が最高である。
多色カードの枚数を参照するものは2または4の偶数となる。

《次元龍覇 グレンモルト「覇」》などのドラグナーを除いた、マナ武装7以上を持つカードは種族の名称ルールを無視して「○英雄 〜」という名前になる。
呪文にも存在し、こちらはマナ武装7以上のカードの名前が「英雄奥義 〜」となる。

爆炎シューター マッカラン C 火文明 (3)
クリーチャー:ヒューマノイド爆 3000+
マナ武装 3:このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンに火のカードが3枚以上あれば、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選んでもよい。そうした場合、その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
バトル中、このクリーチャーのパワーは+1000される。
撃英雄 ガイゲンスイ VR 火文明 (7)
クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン 7000+
マナ武装 7:このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンに火のカードが7枚以上あれば、そのターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャーすべてのパワーは+7000され、シールドをさらに1枚ブレイクする。
スピードアタッカー
W・ブレイカー

マナ武装を安定して発動させるためには、単色かそれに近いデッキにするのがよい。指定枚数は基本的にそのカードのコストと同じに設定してあるためである。

逆に、3つ以上の文明を採用したデッキではマナ武装の条件を満たしづらい。うまく使うためにはデッキビルディングを工夫する必要があるだろう。

文明の縛りがある分、マナ武装が起動した時のスペックは非常に高くなる。例えば《魔狼月下城の咆哮》の場合、通常は5マナで-3000のパワー低下のみだが、マナ武装が起動するとクリーチャー1体の確定除去がオマケで付いてくる。
《デーモン・ハンド》マナコストから計算すると、およそ4マナ分も得しており、非常にコストパフォーマンスがよいことが分かる。

マナ武装のお陰で、エピソード3まで【速攻】デッキぐらいでしか使用することのなかった単色デッキを組む意味合いができ、多くの単色デッキが環境を占めることとなった。
好評であった為か、革命編でも続投している。

  • 当初はクリーチャーの場合cip能力を生成するものしかなかったが、DMR-14にてcip以外の能力を生成するマナ武装5、7、9を持つクリーチャーも登場した。「マナ武装 9」の《暴龍事変 ガイグレン》を除き、指定枚数はそのクリーチャーのコスト+1となっている。「マナ武装 5」のサイクルのクリーチャーはDMR-13の「マナ武装 3」のサイクルのクリーチャーが変化したものである。
  • DMR-15以降、指定枚数がコストより少なく、多少他の文明を混ぜていても使えるものが登場した。とはいえ指定枚数は7や5と多めのため、扱うにはやはり準単色気味にデッキを構築する必要はある。
  • プロモーション・カードとして収録された《爆炎シューター マッカラン》のみ、テキスト中の「マナ武装」と書かれたところに数字が付いていない。それ以外のカードは「マナ武装 3」「マナ武装 5」という風に、「マナ武装(半角スペース)N(指定枚数)」となっている。
    • それ以外にも「マナ武装 N:」になったかと思えば「マナ武装 N―」になったりと中々表記が安定しない。

参考


Last-modified: 2018-09-19 (水) 22:42:50