ミステリー・トーテム

DM-06で登場した自然文明の種族

《孤高の願》などのフィオナの森の住人たちによって制作されたらしい種族。北アメリカ先住民の彫刻である「トーテムポール」をベースにしたデザインだが、どちらかというとバリヒンドゥー教のモチーフを強く感じさせるもののほうが多い。

名前のルールは「〜の化身」で、「〜・トーテム」と読む。進化クリーチャー《闘匠メサイヤ》が存在する。多種族の場合の冠詞は「霊樹」。特に、種族に侵略者を持つと名称ルールは「幻影 〜」となり、進化クリーチャーは「超幻影 〜」になる。

革命編でフィーチャーされた際には侵略者との多種族クリーチャーが収録された。その後も点々と収録されている。

呪紋の化身 R 自然文明 (6)
クリーチャー:ミステリー・トーテム 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンにある間、相手は「S・トリガー」を使えない。

闘匠メサイヤ SR 自然文明 (7)
進化クリーチャー:ミステリー・トーテム 13000
進化−自分のミステリー・トーテム1体の上に置く。
誰も、このクリーチャーがブレイクしたシールドの「S・トリガー」を使うことはできない。
T・ブレイカー

軽いカードもあるが、全体としては4〜6コストの中量級に集中している種族

《霊光の化身》《口寄の化身》のように特殊能力偏重なクリーチャーが多いのが特徴。特に《恵みの化身》《呪紋の化身》らの能力は強力であり、多くのデッキにおいて急所を支える。
ファッティ型のものもいるが、自然に顕著な「軽くて大きい」タイプのカードは少ない。

進化トリガー無効化T・ブレイカー《闘匠メサイヤ》をかかえる。個々に協力し合うカードも多く、種族デッキを作れなくはない。

関連カード

ミステリー・トーテムに関連する効果を持つカード

ミステリー・トーテムの進化

参考