メカサンダー

DM-03から登場した文明種族
種族名の通りメカニカルな鎧を持ち、その中を骨格のように雷が走り、繋げているデザインとなっている。

名前のルールは「〜の求道者〜」。読みは「きゅうどうしゃ」が多いが、《風撃の求道者ラ・バイル》《雷撃の求道者ラ・ガイル》《嵐撃の求道者ル・ライバ》は「ぐどうしゃ」と読む。名前は特徴的なものが多い。
進化クリーチャーは「開眼者〜」となり、アーク・セラフィムリキッド・ピープルの進化クリーチャーのように機械的な4本足の動物に人型の上半身が付いたような姿となる。多色には存在しない。

陽光の求道者ル・パーレ C 光文明 (4)
クリーチャー:メカサンダー 2500+
自分のマナゾーンにあるカードがすべて光のカードである間、このクリーチャーのパワーは+2000される。
開眼者クーカイ VR 光文明 (5)
進化クリーチャー:メカサンダー 10500
ブロッカー
進化−自分のメカサンダー1体の上に置く。
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーがブロックしたとき、バトルの後でアンタップする。

アンタップ能力を中心に様々な能力を持ったブロッカーがいる。
全体的にサイズも大きいがコストも高く、6~7マナに多い。そのため《開眼者クーカイ》は自身の性能の割には使いにくいクリーチャーとなっている。《陽光の求道者ル・パーレ》が4マナで最軽量のため、ここから進化するとよい。
また他種族に上位互換が多く、性能で採用されることがやや少ない。

  • 「求道者」 「開眼者」 「クーカイ」 「シンラン」 などといった言葉から、メカサンダー種族のイメージは僧侶、仏教徒などだと推測できる。今の時点ではまだ憶測に過ぎないが。
  • しかし、エピソード3ころより登場した新種族オラクルがそのような関連になってしまっている為、存在感が危ぶまれていたがDMRP-02で復活した。

関連カード

メカサンダーの進化

参考


Last-modified: 2018-07-12 (木) 07:42:41