メテオバーン

能力語の一つ。
特定のタイミングで進化クリーチャー進化元を移動させる。DM-19 「不死鳥編(スペクタクル・ノヴァ) 第1弾」で初めて登場した。

獄竜凰ドラザルク UC 闇文明 (5)
進化クリーチャー:ティラノ・ドレイク 7000
進化−自分のティラノ・ドレイク1体の上に置く。
メテオバーン−自分のクリーチャーが攻撃できるとき、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地においてもよい。そうした場合、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体破壊する。
W・ブレイカー
超神星マーズ・ディザスター VR 火文明 (5)
進化クリーチャー:フェニックス 13000
進化GV−自分のティラノ・ドレイク、ドリームメイト、ヒューマノイドのいずれか3体を重ねた上に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、パワー4000以下のクリーチャーをすべて破壊する。
T・ブレイカー

条件はクリーチャーによって異なり、中には進化元を墓地に送らず、手札に戻したり、直接バトルゾーンに出すものもある。
使うたびに進化元が減るので永続的に使うことはできないが、《時空工兵タイムチェンジャー》などで使用回数を増やすこともできる。

主に不死鳥編で出たハイブリッド種族の進化クリーチャーと、各種フェニックスに多く見られる能力である。ほとんどの場合、バトルゾーンに出たら相手に除去される前にすぐメテオバーンしてしまうのが定石。

  • この能力が出る際、ルール改正が行われ、一度場に出た進化クリーチャーは進化元がなくなってもバトルゾーンに残れるようになった。
  • 「クリーチャーの下にあるカード」と「クリーチャーにクロスされているクロスギア」は全く別の物であるため、クロスギアを消費してメテオバーンを使用することはできない。クロスする時にカードの位置関係を指定する文章はない。

参考


Last-modified: 2018-07-08 (日) 12:22:35