ユウヤ

DMデッキ開発部の登場キャラクターで、水文明担当。

シュウケンジの弟で、リリィとは双子。腰のポーチは、水文明のマークを模したデザインをしている。
水文明が好きな「ナオキ君」や、「かっちん」「まっきー」という親友がいる。

純粋で素直な性格のためか環境への適応力は高く、アクが強い他のメンバーのキャラにもほとんど動じない。

開発部のメンバーではもっとも幼いが、コンボに関してはメンバー随一の才能を持つ。多くは実戦で決まり辛いファンデッキ向けのコンボだが、時折幼いキャラとは裏腹な、環境に名を残すほどの凶悪なコンボを考えて他のメンバーを唖然とさせる事がある(【メルゲループワンショット】の元ネタとなったコンボなど)。

口癖は「わぁい、コンボー!

  • 全体的に「いかに相手に何もさせずに勝利するか」を追求したコンボが多く、エクストラウィン(特に《偽りの名 iFormulaX》)とライブラリアウトを特に勝ち筋として好む。攻撃すら必要としないことに美学を感じているようで、「クリーチャーアタックしてるのが少し残念だねー」とは、彼のご高説。
    • あくまでも彼は小学生という設定である。これで友人たちと喧嘩しないのだから、八重子でなくても「どんな小学校なんだ」と言いたくなるだろう。
  • 「攻撃しないコンボ」が、八重子ブロッカーS・トリガーを中心とするデッキと相性最悪ということで、彼には苦手意識を持っている。なお、その八重子は彼と関わったためにコンボ恐怖症にまでなってしまった。現在では畏敬の念すら抱いているようで、年下にもかかわらずユウヤに対して「様」と敬称をつけて話すようになってしまっている。
  • あまりのえげつなさから、専ら「青い悪魔」と称して畏敬する読者のプレイヤーも存在する。
    • 兄であるケンジからは「デッキビルダーじゃなくてパズル職人なのでは?」と思われている。
    • エーツーからは「ユウヤくんを殿堂入りさせるべき」とまで言われている。
  • 彼のコンボを支えてきた《ヒラメキ・プログラム》殿堂入りした際にはあまりのショックで寝込んでしまい、「デュエマはクリーチャーで殴りあうゲームなんだよー」と今までの自分を全否定するような発言まで飛び出す始末。
    • 番外編では一時的に立ち直ったものの、その後「コンボノミコン」なる書物を書き残してついに失踪してしまった。
  • 「開発部プロテクトになるメンバーを決める人気投票」では4位にランクイン。リリィハルと一緒にカードプロテクト化される事となった。
  • 公式動画の「開発部員Deadman炎の10番勝負〜勝利を掴め!オメガ∞マックス〜」でのDeadman氏の対戦相手として、「TCG界最強ナベ」というユウヤの色違いのようなキャラクターが登場しているが、ケンジ曰くあくまで別人である。
  • モデルとなったのはMagic:The Gatheringのトッププレイヤーである渡辺雄也氏だと言われている。氏はプロのプレイヤーとして輝かしい成績を収め、「禁止カードを出すか、ナベを禁止にするか」と冗談混じりの敬意を向けられたという逸話がある。

参考


Last-modified: 2018-11-22 (木) 02:29:01