ランボー

漫画、およびアニメ「VSR」に登場するキャラクター。
本名、江戸川ランボー。一人称は「ミー」で、テレビショッピングに出てくる外国人のような口調で話す。
CV:乃村健次

バサラ一派の1人でデュエマーランドの幹部。軍人風のマッチョマンで、ラブ&ピースを信条ながら、感情が高まると所構わずバズーカを打ちまくる危ないヤツ。自然文明の使い手で、ゲリラ・コマンドを使った神出鬼没なデュエマをする。また、彼自身も身体能力が高く、ゲリラのように神出鬼没に現れる。

戦争が大嫌いで、何事も平和的に解決しようとするが、その際バズーカ砲を相手に向けて打つなど、言っている事とやっていることが矛盾している。
ちなみに、普段はデュエマーランドで野菜を育てており、その野菜を使った料理は非常に美味いようだ。

バサラハカセ達同様、デュエマーランド幹部だけあってデュエマの実力は非常に高い。また他の幹部たちとは違い、水中に潜伏している際に頭や「大事なところ」を踏まれるなどコミカルな一面を見せている。

  • 「VSR」第15話ではアトラクションと称して勝太や他の来場者の前に登場。食事の代金として一人「デュエルマ・スターカップ」の星1000個払うよう請求するが断られる。そこで「平和的」に解決するため新アトラクション、ジャングル・ハンター(鬼ごっこのようなもので、負ければ地下帝国行き)で勝負する。来場者達を次々と捕え、あと残り切札 勝太一人まで追い詰める。そこで、切札 勝太から「平和的」に解決するためデュエマを申し込まれるが、くしゃみをして誤って近くにあったヤシの木を打ってしまい、ヤシの実が勝太の頭に落ちて気絶した為、デュエマは中断となり勝太を捕えた。しかし、偶然彼の前にぶっちゃけが現れたので彼とデュエマをするが、圧倒的実力差で彼に勝利する。
  • 「VSR」20話では骨のある挑戦者がいないため退屈していたところ、アブを退治するために撃ったバズーカで木がドミノ倒しになり、下敷きとなったワラマキと遭遇したことからワラマキの地下帝国脱出をかけてデュエルする。ワラマキのこけおどし戦法に怯み、一切説明しなかった《獣軍隊 ランボンバー》の能力を自らバラしてしまった。こけおどしを見破った後は《超獣軍隊 ベアフガン》によりシールド0まで追い詰める。ちなみにワラマキの脱出理由を聞いて、「どうやらユーを外に出すのは世間的にもやばそうだ」と常識はある様子。
    しかしワラマキの弟子チビマキとフトマキに「パーマネントゴリラ」と言われて2人にバズーカを撃ち気絶させたことで、ワラマキが真の姿を見せるきっかけとなる。その際「ミーはこの男を魅力的だと想っているのか…?」と一瞬惚れてしまった。その後、本気を出したワラマキに敗北する。
    • この時アブを退治するために木を倒したことが偶然が偶然を呼びもはや奇跡的な確率でスタッフが怪我したことから、24話にてデュエマ―ランドの電力供給をしていた労働者のストライキの原因となった。そのせいで一時停電し社長が地上で盗電してまわる騒動となってしまった。
      しかしデュエマ―ランドの停電は結局電力に関する責任者のハカセが責任を問われただけで、「本当にすまないと思っている」とハカセ社長に怒られている様を覗き見していた。
  • アニメだと彼は「実弾なんか危ない」と言って原則空砲を撃つにとどまってるが、それでも実弾をぶっ放すことは何度もあり、特に星を0にされた人のデッキを焼き払う際に実弾を使う。
    原作でも切札 勝太デッキをバズーカで爆破して焼き払った。ただし、原作でデッキを焼き払うシーンはこれだけであるが、こちらでは時限爆弾で新幹線ごと勝太を葬り去ろうとするという、もはや犯罪と言えることをしようともした。(こちらは、デュエわんこ王子とデュエマウスの活躍により爆弾は発見され、皮肉にもランボー自身が爆破された。)
  • モデルとなったのは1982年に公開されたアクション映画、およびその主人公である「ランボー」だろう。なお、映画でランボーを演じたのはシルベスター・スタローンである。

戦績

通算成績:6戦1勝5敗

アニメ「デュエル・マスターズVSR」

アニメ「デュエル・マスターズVSRF」

  • 通算成績:2戦0勝2敗
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    32話切札 勝太敗北禁星の壊者ドキンダムガチャ!
    40話バサラ最後の戦場

関連カード

参考


Last-modified: 2018-10-26 (金) 22:34:07