リアニメイト

クリーチャー墓地からバトルゾーンに出すこと。

またはそのようなカード能力デッキの総称。
Magic:The Gatheringで使われる用語が元になっている。

インフェルノ・ゲート R 闇文明 (5)
呪文
進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
※プレミアム殿堂
魔龍バベルギヌス VR 闇文明 (7)
クリーチャー:ドラゴン・ゾンビ/グランド・デビル 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、プレイヤーをひとり選ぶ。そのプレイヤーのクリーチャーを1体破壊してもよい。そうした場合、そのプレイヤーの墓地から、《魔龍バベルギヌス》以外の進化ではないクリーチャーを1体選び、バトルゾーンに出す。
※殿堂入り
インフェルノ・サイン P(UC) 闇文明 (5)
呪文
S・トリガー
コスト7以下の進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
※殿堂入り

他のコスト踏み倒しと同様、リアニメイトもまた非常に強力な戦術である。

リアニメイトの際にはクリーチャー召喚にかかるマナコストが不要なためである。そのリアニメイトカードを使うために必要なマナコストを支払えばよいので、通常よりも軽いコストでクリーチャーを出すことができる。

例えば、《インフェルノ・サイン》《ミラクル・リ・ボーン》を使えば、5マナの消費で最大7マナのクリーチャーを出すことができる。

また、元々墓地にあったカードを対象にするため、他のコスト踏み倒し手段と比べて損失するアドバンテージ量が非常に少ない。マナゾーン手札からのコスト踏み倒しディスアドバンテージになることもあるが、墓地のカードは基本的に自由に使うことができないので、墓地のカードが減るデメリットは特にない。

さらに、多くのリアニメイトでは墓地から自由にクリーチャーを選んでバトルゾーンに出すことができる。好きなクリーチャーを状況に合わせて出し分けられるため、墓地クリーチャーが全て自分の手札にあるかのように扱うことができる。

欠点は、墓地クリーチャーがいなければ何の役にも立たないこと。この点については墓地肥やしによって能動的にクリーチャー墓地に送りこむことで克服可能。リアニメイトを扱うデッキタイプでは墓地肥やしとの併用は必須と言える。

もう1つは墓地のカードを山札に戻してしまうカード。
数はそこまで多くはないものの、《サイバー・N・ワールド》《時空の封殺ディアス Z》など、よく見かけるカードも多い。上で挙げた《N・ワールド》の他にも《お清めトラップ》《埋没のカルマ オリーブオイル》など、一発で墓地のカードを空にしてしまうカードはいくつかあるので要注意である。

強力な戦術なのでうまく活用したいところである。

  • リアニメイト(Re-animate)とは、「生き返らせる」という意味。
  • 同義語に「釣る」という用語がある。

リアニメイトを扱う主なデッキ

主なリアニメイトカード

主なリアニメイトサポート(墓地肥やし)

主なメタカード

参考


&anchor(t)

釣る

墓地からクリーチャーを直接バトルゾーンに出すこと。
動詞として使われる。
なので呪文能力デッキのことは指さない。


Last-modified: 2018-10-01 (月) 09:37:10