リヴァイアサン

文明の超巨大種族DM世界の中でもジャイアントドラゴンに並ぶスケールの体躯を持つ。一匹の大きさは現代日本の四国に相当するとも。

サイバーロードに背中を都市化されたりと利用されることもあるが、基本的には野生であり、気の赴くままに活動する。

命名ルールは「キング・〜」。〜には海に関する言葉が入ることが多い。
進化クリーチャーの場合は「レジェンダリー・〜」。多種族冠詞は「海嶺(かいれい)」。

キング・ポセイドン VR 水文明 (7)
クリーチャー:リヴァイアサン 5000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを2枚引いてもよい。

キング・アトランティス SR 水文明 (12)
クリーチャー:リヴァイアサン 12000
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、バトルゾーンにある他のクリーチャーすべてを、持ち主の手札に戻す。

レジェンダリー・バイロン VR 水文明 (6)
進化クリーチャー:リヴァイアサン 8000
進化−自分のリヴァイアサン1体の上に置く。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンにある間、バトルゾーンにある自分の他の水のクリーチャーはブロックされない。

初期では《キング・オリオン》《レジェンダリー・バイロン》《キング・マゼラン》のようにフォイルカードが多く、の主力種族という扱いだった。

しかし、その大きさの割りに実用的なカードは少なく、サイバー・ウイルスリキッド・ピープルサイバーロードなどにお株を奪われてきた。現在では、【マーシャルエクストラウィン】キーカードである《深海の伝道師 アトランティス》や、見た目にふさわしい強大な能力《キング・アトランティス》をたまに見かける程度である。

覚醒編では《大河海嶺・K・アトランティス》エピソード2では《偽りの名 イージス》のようにフォイルも度々出現してはいるが、依然として影の薄い種族であることには変わりはない。

神化編サイバー・コマンドが、その後新章デュエル・マスターズでは「戦艦都市」のムートピアが登場したのも向かい風であり、これからも種族としては恵まれない状況が続くだろう。

  • 前述の通り総じて扱いが難しいカードが多いが、DM-01から存在する古参種族であり、意外にファンは多い。
  • リヴァイアサンの元ネタは、旧約聖書に登場する巨大な海の怪物。(Leviathan)

リヴァイアサンの進化

参考