ループ

1枚または複数枚のカード墓地マナゾーンから回収して、何度も繰り返し使用すること。
ほとんどがコンボの一種である。

基本的にはコンボを利用するため、成立にはそれなりのターンを要する。しかしあまりにも成立ターンが早すぎたり(【ジョバンニスコール】【メルゲループワンショット】【緑単ループ】等が該当)、それなりに強固な防御手段を確保していたり(【天門ループ】【マークロループ】等が該当)すると、規制の対象になりやすい。


ループコンボ(ターンをまたぐもの)について

ターン同じ行動ができる状態を作り出し、アドバンテージを稼ぎ続ける戦略を組み込んだデッキをループデッキという。

古くには呪文マナゾーン経由で回収してする【化身コン】が組まれた。

他には《霞み妖精ジャスミン》などの自壊クリーチャーcipを使い回す【激天下コントロール】《封魔フォラス》クリーチャー破壊して墓地から回収する【フォラスループ】、《凶星王ダーク・ヒドラ》《龍神ヘヴィ》を使い回す【ヘヴィループ】などがある。

コントロールデッキでは回収によるカードの再利用が重視されることがある。《激天下!シャチホコ・カイザー》の様なシステムクリーチャーを利用することで、マナコストを消費せずにカード能力を使うことができる。除去には弱いものの、うまく使えば膨大なアドバンテージを積み立てることができる。

また、殿堂入りしたカード銀の弾丸のために投入されたカードなど、1枚しか投入されていないカードでも何度も使うことができる。また、墓地回収マナ回収の場合狙ったカードを拾うことができるため、ドローソースで引いてくるより確実と言える。

ターン同じことを繰り返すという性質から、相手の行動を縛るロックや前述の通りコントロールなどに組み込まれることが多い。


ループコンボ(同一ターンのもの)について

同一ターンの間に同じことを繰り返すループも存在する。上記と区別して「無限ループ」と呼ばれることがある。

前述のターンをまたぐループと違い、相手ターンを渡さないことが最大の特徴。ループしている間、相手は基本的に手を出すことができない。よって、ループ中あるいはループ終了時点で勝利が確定するか、それに準ずる圧倒的有利な状態を作り出せるようにデッキを組むのがベスト。

ループの中に好きなカードを組み込める場合、相手の山札カードを移動させる能力を繰り返し使用し、相手墓地送り以外でライブラリアウトに陥れる形が最も確実クリーチャーなら《黒神龍ザルバ》《曲芸メイド・リン・ララバイ》呪文なら《アルカディア・スパーク》などがそれにあたる。

墓地送りによるライブラリアウトは、カードの種類にもよるが、この中では重要性は低くなる。これは《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》の存在が大きい。

  • ただし、後述のルール制定により《悠久》1枚程度であればループにおいてさほど障害にはならなくなった。

他には、《光霊姫アレフティナ》《サイバー・J・イレブン》エクストラウィンの条件を、シールドクリーチャーが増えるループによって満たす戦略がある。ライブラリアウトおよびこの2種のエクストラウィンは、ループ中に条件を満たした瞬間に勝利が確定するため、数あるループの中でも特に即死性が高い。

ライブラリアウトや上記種類のエクストラウィンを狙えない場合は、《トンギヌスの槍》や5コストドラグナーを回すものが好まれる。前者はシールドバトルゾーンマナゾーンを、後者は《極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド》を完成させてバトルゾーン墓地手札を、それぞれ纏めて山札送りにでき、妨害手段を奪って安全に攻め込む体制を作ることができる。

無限ループのための「無限ループ」と「チェイン・コンボ」

最終的なループコンボを成立させるためには、得てして大量のマナブースト、ないしは極端な山札圧縮が要求される。これをターン経過のみで実現しようとするのは得策ではない。このループコンボの成立条件を満たすための下準備として、別のループコンボ、ないしはチェイン・コンボが設計される。いわば「ループのためのループ」である。

チェイン・コンボの段階では勝利を確定できないものが多く、プレイヤーの技量が試されるのはここでのプレイングである。最終的なループコンボ以外は一見勝利には直結しないプレイングになるため、あまりにも複数のパターンのコンボを間に挟むと、対戦相手に冗長だと思われるケースがほとんどである。

本当にオーバーキルか否かは第三者によって検証してみないことには断言できないが、いずれにせよソリティアになる以上は早急な決着が望ましい。

無限ループの機構の種類

無限ループの機構を大まかに分類すると2種類に分けられる。
トリガー能力解決が「途切れるループ」と「途切れないループ」である。

「途切れるループ」の例としては、【イメンループ】【ラララオプティマス】などが存在する。どちらもサルベージマナ送りを利用して同じカードを延々と使い回し、大量のマナブーストを行う。あるカードが何度も使用できれば膨大な手札マナが得られるため、それを利用すれば簡単にゲームエンドに持ち込める。

これらの最大の特徴は1アクションごとに待機状態のトリガー能力が消失する点にある。つまり自分のメインステップ、あるいはアタックステップ以外ではループを達成させることができない。また《百発人形マグナム》等の相手メタクリーチャーと対峙する場合は、本格的なループに入る前に除去する必要があるケースがほとんどである。

これに対し「途切れないループ」の例としては、【天門ループ】【知新ジャスティス】が該当する。これらは他のトリガー能力解決によって別のトリガー能力が誘発するように設計されており、何かしらのトリガー能力が必ず待機し続けている。また、トリガー能力の解決順は誘発順に縛られない。これにより、アクティブ・プレイヤーであれば、解決権の優先順位から《百発人形マグナム》等を無視し続けることができるケースが多い。

《百発人形マグナム》等がいなければ、相手ターン中であっても勝利条件を満たす場合がある。【天門ループ】等はさらにS・トリガーの優先解決のルールも利用しており、「途切れないループ」を語る上でこの2つの「優先権」を外すことはできない。


その他

特定の状況に陥いると試合が仕切り直しになる場合もあるので注意。
ループが原因で起こる事故については無限ループの項を参照。

ループコンボは同じプレイングを何度も繰り返す都合上、競技イベント運営ルールの規定により「初期状態に戻ったことが確認された」ならば、その一連の工程(サブルーチン)を繰り返す場合は省略することが認められている。これにより1試合の制限時間超えをある程度抑制する効果が認められた。

その一方で、どれだけサブルーチンが冗長に長くても条件さえ満たせば省略が認められるので、サブルーチンの冗長化を犠牲にデッキグッドスタッフ性を充実させるプレイヤーを跋扈させる結果も生み出した。

公認グランプリの誕生によって公式大会が長期戦化すると、徐々にループコンボの有用性が認知されるようになる。相手S・トリガーに左右されず、決まればほぼ100%勝てることから、成立ターンの早い、ないしは防御力の高いループコンボは注目の的になりやすい。

一方で、公式にとって成功率及び実用性の高すぎる、ひいては環境そのものを脅かすようなループコンボはあまり好ましい戦略ではないようである。

2017年7月8日の殿堂入りではループ要員と見做されるカードが6種中5種入るとともに、公式サイトの「クリエイターズ・レター Vol.18」で今回の殿堂入りカードの解説、ひいてはループ戦略(特にソリティア状態)がデュエマゲーム方針と相性の良くない旨についての説明があった。

2017年11月20日には競技イベント運営ルールが更新、ループ中にランダム要素が関わる場合、最も望む結果まで省略することが可能になった。
これによりライブラリアウト型ループが《悠久》による妨害を無視し《悠久》を残してそれ以外を墓地に置けるようになるなど、ループコンボは不確定要素に左右されず安定して勝ち筋に直結できるようになった。
《悠久》の枚数を確認するには対戦相手の許可を取るか、ジャッジに確認を行う要があり、その枚数や残りのカードを確認を行った上でループの省略を行う、という手順となる(2017.12.15事務局正式回答)。


再使用ループの例

無限ループコンボの例

トリガー能力の解決が「途切れるループ」

トリガー能力の解決が「途切れないループ」

参考


Last-modified: 2018-11-06 (火) 18:35:19