ロスト・クルセイダー

DM-24で新たに登場した種族
スピリット・クォーツ同様、全てが多色で構成され、DM-27で5色レインボーも登場した。
DM-26にてエンジェル・コマンドを併せ持つ《聖鎧亜キング・アルカディアス》メカ・デル・ソルを併せ持つ《星鎧亜イカロス》が登場し、それらは同時に進化クリーチャーでもある。
DM-24に登場したものは(一部を除き、)共通のキーワード能力としてロスト・プリズムを持つ。

2文明の場合、名前のルールは「鎧亜の○○〜」。○○にはそのカードの2つの文明をイメージする漢字1文字の組み合わせが入る。

鎧亜(がいあ)の邪聖(じゃせい)ギル・ダグラス SR 光/闇文明 (7)
クリーチャー:ロスト・クルセイダー 7000
ロスト・プリズム(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を表向きにしてもよい。それが多色カードであれば、手札に加える。
W・ブレイカー
自分がカードを引いた時、そのカードを表向きにする。それが光のカードであれば、そのターン、このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりにバトルゾーンにとどまる。それが闇のカードであれば、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、選ばれたクリーチャーのパワーは-2000される。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)
鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス UC 闇/火/自然文明 (5)
クリーチャー:ロスト・クルセイダー 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのターン、自分のクリーチャーはすべて「スピードアタッカー」と「スレイヤー」を得る。そのターン中、それらのクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く。
※殿堂入り
聖鎧亜クイーン・アルカディアス VR 光/闇文明 (6)
進化クリーチャー:ロスト・クルセイダー/エンジェル・コマンド 9000
進化−自分の多色クリーチャー1体の上に置く。
相手は多色ではない呪文を唱えることができない。
W・ブレイカー

フレーバーテキストによれば、戦争後に目覚めた「神」が混沌とした世界を滅ぼし作り直すために世界の一部を切り取って産み出した、いわば「神の使者」といえる存在。

極神編以降もゴッドがフィーチャーされた弾はあるが、それに沿った形でロスト・クルセイダーが再登場した事はない。ゴッドが登場するたびに多色推しの色が抜けていっている事も一つの原因だろう。

スピリット・クォーツとはよく似た種族であり、DM-275色レインボー枠にはそれぞれの単種族が一体ずつと、両方を持つもの一体が収録されている。また、DMX-22《瞬速のアタカマイトβ》は特徴から明らかにスピリット・クォーツであるにもかかわらずロスト・クルセイダーとして収録されてしまっている。

  • クルセイダー(Crusader)は、「十字軍戦士」つまり「革命者」。
  • 極神編背景ストーリーでは、「ガイア・ピラミダル」と呼ばれる逆四角錐の空中墓所を基地にしている。ロスト・クルセイダーたちはここで誕生し、上部にある小四角錐の建造物「言霊の神殿」にてゴッドのおつげを受けて活動し、またここへ帰る。

ロスト・クルセイダーの進化

参考