ロック・ビースト

文明種族DM-01から登場している古参種族の一つ。
恐竜のような見た目で体全体が岩、または溶岩で構成されている。

名前は基本的に「〜ザウルス」。(一部《マグマティラノス》のような例外あり)進化クリーチャーでは「超巨岩獣〜」となる。
複合種族の冠詞は12年の時を経て、《霊峰竜騎フジサンダー》が登場したことにより、「霊峰」であることが判明した。

ストーンザウルス UC 火文明 (5)
クリーチャー:ロック・ビースト 4000+
パワーアタッカー+2000
超巨岩獣ドボルガイザー VR 火文明 (6)
進化クリーチャー:ロック・ビースト 8000
進化−自分のロック・ビースト1体の上に置く。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、バトルゾーンにあるパワー3000以下の相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の墓地に置いてもよい。

全体的にみて5〜6マナ域の重めクリーチャーが多くみられる。
能力《メテオザウルス》《マグマティラノス》のようなcipでの小型クリーチャー破壊や、大地を溶岩が溶かすイメージから《ボマーザウルス》のようにランデスの能力を持つものもちらほらいる。

進化クリーチャーは6マナW・ブレイカーで、ステルス持ちの《超巨岩獣ヴォルクラウザー》や3000火力を放つ《超巨岩獣ドボルガイザー》が存在するが、さすがにインフレの進んだ現在では力不足の部類に入る。

後に登場したメルト・ウォリアーボルケーノ・ドラゴンと若干キャラクターがかぶるからか、聖拳編で一旦フェードアウト。DM-10《テンペストザウルス》《クラッグザウルス》を最後に長らく姿を消していた。

その後、神化編で久々に登場。DM-33進化クリーチャーとして《超巨岩獣メガロクラウザー》が収録された。

また、DMR-01ではエイリアンサイキック・クリーチャーとして《ハイドラ・ギルザウルス》が、DMR-06では通常クリーチャーとして《ボルカニック・ザウルス》が登場した。

DMD-15でもアーマード・ドラゴンとの複合種族で《霊峰竜騎フジサンダー》が登場している。
こうして、この種族は今までのカードプールと合わせて、ある程度戦えるだけのフィニッシャーを得るに至る。

関連カード

ロック・ビーストの進化

参考


Last-modified: 2018-08-18 (土) 15:31:39