ロマネキャンセル

《龍仙ロマネスク》の「自分のターンの終わりに、カードを1枚、自分のマナゾーンから墓地に置く」というデメリットを打ち消すこと。
何らかの方法でバトルゾーンから離したり、進化させる方法が用いられる。
略称は「ロマキャン」。

《母なる星域》《リーフストーム・トラップ》マナゾーンに送る、《龍神ヘヴィ》《魔刻の斬将オルゼキア》破壊する、《極仙龍バイオレンス・サンダー》《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》等に進化する等の方法が挙げられる。
《母なる紋章》《聖鎧亜キング・アルカディアス》が現役の頃は、それらもよく使用された。
革命チェンジの登場により、テック団以外の各団への革命チェンジによるロマキャンも可能になった。

毎ターンマナが1枚減っていくというのは案外馬鹿にならないデメリットなので、《ロマネスク》を使う際は極力ロマキャンができるようにしておくと良い。ただし、【ロマネスクリアニメイト】のように墓地肥やしに利用するものもあるので、デッキによりけりとも言える。

  • 由来は、ゲーム「GUILTY GEAR X」の戦闘コマンド「ロマンキャンセル」である。

参考


Last-modified: 2018-11-04 (日) 23:02:26