ワールド・ブレイカー

ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)

1回の攻撃シールドをすべてブレイクできるというキーワード能力

超神星アポロヌス・ドラゲリオン SR 火文明 (6)
進化クリーチャー:フェニックス/ティラノ・ドレイク 15000+
進化GV−自分のドラゴン3体を重ねた上に置く。
T・ブレイカー
メテオバーン:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーに「パワーアタッカー+15000」と「ワールド・ブレイカー」を与える。
相手は、このクリーチャーを選ぶ時、自身のマナゾーンにあるカードをすべて墓地に置く。

破壊神デス P 闇/火文明 (10)
クリーチャー:ゴッド 11000+
スピードアタッカー
W・ブレイカー
トライ・G・リンク《龍神ヘヴィ》の右横または《龍神メタル》の左横、またはその間
このクリーチャーは、《龍神ヘヴィ》と《龍神メタル》の2体とリンクした時、相手のゴッド以外のクリーチャーをすべて破壊する。
このクリーチャーは、《龍神ヘヴィ》と《龍神メタル》の2体とリンクしている時「ワールド・ブレイカー」を得、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーを選ぶことはできない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)

W・ブレイカーT・ブレイカーQ・ブレイカーから続く単純な上位能力ではなく、何らかの理由でシールドが6枚以上になっていてもすべてブレイクできる。

まさに一撃必殺の能力で、決まると非常に壮観。だがその他のブレイカーと同じく、ブロッカーには簡単に止められてしまうのが弱点。

またいくらシールドがなくなっても、最後にもう一撃与えないと勝利できない点、そもそもT・ブレイカー程度で十分な場合が多い点など、実際のデュエルでの実用度・汎用性は意外と低い。

実用性があるとすれば、S・トリガーなどで何枚シールド追加されようが一気にブレイクできる点だろうか。しかし、スーパー・S・トリガーが登場してからは、相手のシールドが多い時にブレイクしてすると逆に不利になってしまう可能性が急増してしまった。

そのため、中級者以上のレベルになると、この能力に魅力や脅威を感じる人はほとんどいない。この能力を使う場合は、S・トリガーを封じるロック能力を持ったカードと組み合わせられることが多くなっている。

ルール

S・トリガーブレイク中にシールドが増えた場合、そのシールドブレイクできない。

+  以前の裁定

その他

  • 基本的には攻撃時にパワーが24000を超えるクリーチャーにはデメリットなしで与えられる
  • ∞ ブレイカーは、膨大な数を指定すればこちらと同等の威力を発揮できるだけでなく、あえて小さい数を選ぶことでスーパー・S・トリガーなどを回避できるため、こちらのほぼ上位能力と言える。
  • 他の「〜ブレイカー」と異なりアルファベットが充てられていないのは、「W」が既にW・ブレイカーで使用されているためだろう。

参考